2019年 02月 02日 ( 1 )
映画『アリー/スター誕生』を観た
2月2日(土)

これも、映画の、それも少し前の話になるが、
先日、映画『アリー/スター誕生』を観た。

1937年のジャネット・ゲイナーに始まり、
ジュディ・ガーランド、バーブラ・ストライサンドと、
主人公を演じる女優と共に、
映画界から音楽界へと舞台を変えながら作られてきた映画のリメイク版だ。
ぼくと同じ世代のかたには、バーブラとクリス・クリストファスンが共演した1976年版の印象が強いのでは。

無名の若い女性が、スター歌手に才能を見出されて上り詰めていく。
二人は恋仲になるが、やがてその立場が入れ替わり、
男性は落ちぶれていくという人生の悲哀が描かれる。
主役をレディー・ガガが、相手の男性をブラッドリー・クーパーが演じている。
クーパーは監督もつとめ、これが監督作品の1作目にあたる。
そのクーパーの歌が予想以上にうまくて驚かされたが、
ガガが劇中で披露する歌、殊に前半には圧倒されっぱなしだ。
後半は、劇中の主人公アリーというよりは、ガガ本人を観ている感じになっちゃうw、、、。

他にも、
ルーカス・ネルソン率いるプロミス・オブ・ザ・リアルがクーパーのバンドを演じていたり、 
クーパーが酔っぱらって演奏し、品位を落とすシーンがあるが、
そのとき演奏者の中にはドン・ウォズがいたりする。
また、そこで歌っている若い二人は、
ブランディ・カーライルとマーロン・ウィリアムズだ。
殊にカーライルは、
映画とは別に、グラミーで優秀レコードを含め主要3部門にノミネートされていて、
2月の授賞式ではその中の2部門を、
この映画からノミネートされているガガたちと競う。

                     
e0077638_11285308.jpg


by in-cahoots | 2019-02-02 15:39 | 映画 | Comments(0)