人気ブログランキング |
<< 小坂忠さんと4人の強者 Oh,My God! >>
もうひとりのJoshuaさん、Joshua Radinを聴きながら。
3月21日(土)
 最近贔屓のもうひとりのJoshuaさんで、
 その名はJoshua Radinという。
 Joshua James同様にシンガー・ソングライターらしいシンガー・ソングライターだ。
 グレッグ・リーズやジョーイ・ワロンカーあたりが参加しているアルバムははずれが少ないのだが、
 彼の『Simple Times』も、例に漏れずに素晴らしい。
 
e0077638_13391451.jpg


 ロサンゼルスにHotel Cafeというクラブがあって、
 Rachael Yamagataや Brett Dennenなどが集まっているらしいが、
 (少し前に夢中になった『Trading Snake Oil For Wolf Tickets』のGary Julesもそこに縁の深い人だった) Joshua Radinも、このクラブでよく演奏しているようだ。
 
 そうやって、昔トルバドールに若い才気が集まっていたように、
 新しい音楽環境がちゃんとできているんだなと思えると嬉しい。
 
 そう言えば、『Simple Times』の中で、久々にパティ・グリフィンの歌声も聴いた。
 他にも、そこではMeikoやErin McCarleyともデュエットしていて、女性とのデュエットが似合う人だなあ、と思ったら、Schuyler Fiskとしばらく一緒に活動していたらしい。
 Schulyerは、シシー・スペイセクの娘さんで、女優もやっている。
 『The Good Stuff』というアルバムでは、
 J.D.サウザーの「ユア・オンリー・ロンリー」をカヴァーしていたりする。
 時は流れつつも、いろいろ繋がっていたりするんだなあ。
e0077638_13423216.jpg

by in-cahoots | 2009-03-22 13:54 | 音楽 | Comments(0)
<< 小坂忠さんと4人の強者 Oh,My God! >>