人気ブログランキング |
<< 2019年の夏 ワディ・ワクテル、スティーヴ・... >>
リッキー・リー・ジョーンズも、デビューから40年が経つ。そして、来日公演、、、。
5月11日(土)

このところ、コンサートに足を運ぶ機会が多くて、外出が続いた。
先月からのも含めると、ルーファス・ウェインライトにジョン・メイヤー、エリック・クラプトンにボズ・スキャッグス、
いずれも、キャリアのある人たちばかりだけど、それなりに現代を表現しているように思えて心強かった。
ジョン・メイヤーのライヴ評は、朝日新聞で書かせていただきました。
ボズ・スキャッグスのは、後日、毎日新聞で。

来週は、ダニー・コーチマー&イミディエイト・ファミリーにリッキー・リー・ジョーンズだ。
リッキー・リー・ジョーンズも、『浪漫』でデビューして40年になる。
新作『キックス』が、来日公演にあわせ、世界に先駆けて日本先行発売になる。
『マイ・ファニー・ヴァレンタイン』や『ポップ・ポップ』、
『イッツ・ライク・ディス』や『ザ・デヴィル・ユー・ノウ』などに続き、
評判のカヴァー・アルバムになっている。
ともあれ、年齢を重ねてもなお、緊張感のある人生が伝わってくるような歌を奏で続けていて、
そのあたりからして、貴重な存在ではないかと。

昨日ご紹介したワディ・ワクテル、スティーヴ・ポステルのアルバムに続いて、
彼女のでもライナーを書かせていただきました。
また、フライヤーでも、来日公演に寄せた拙文を掲載させていただいてます。
宜しければ、こちらも、読んでみてください。 

なんだか、宣伝ばかりになってしまいましたね。

                      
e0077638_01575709.jpg







by in-cahoots | 2019-05-11 10:23 | 音楽 | Comments(0)
<< 2019年の夏 ワディ・ワクテル、スティーヴ・... >>