<< 今晩は、御茶ノ水のCafe10... 映画『アリー/スター誕生』を観た >>
リンダ・ロンシュタットのライヴ・イン・ハリウッドを聴く
2月11日(月)

朝、遅く起きると雪がちらついている。
場所によっては、白く積もったところもあるようだ。
リヴィングのTVでは、グラミー賞の授賞式の模様が流れている。

コーヒーを手に仕事部屋に。
で、リンダ・ロンシュタットの『ライヴ・イン・ハリウッド』を聴く。
あれほどの実績がありながら、ライヴ・アルバムは初めてだという。
1980年4月24日、
ダニー・コーチマーやラス・カンケルらを率いてのロサンゼルスでのライヴが収録されている。
歌のうまさに、改めて圧倒される。
歌と演奏があるだけで、30年以上の歳月なんて、アッという間に埋まる。

そう言えば、
今年のグラミー賞MusiCares Person Of The Yearにはドリー・パートンが選ばれ、
プレゼンターとして、
リンダ・ロンシュタットがエミルー・ハリスと一緒に登壇したらしい。
パーキンソン病でほとんど公の場には出てこなかったけど、元気そうだった。
嬉しいですね、こういうニュースは。

e0077638_10472464.jpg

e0077638_10480371.jpg



by in-cahoots | 2019-02-11 10:56 | 音楽 | Comments(0)
<< 今晩は、御茶ノ水のCafe10... 映画『アリー/スター誕生』を観た >>