<< 野音で、この夏もセミの鳴き声をきいた 40年前の夏が、、、CSN&Y... >>
まさか、まさか
7月28日(月)

こういうこともあるんですね、、、
昨日行われた夏の甲子園大会出場を決める石川県の決勝戦での出来事だ。
星陵高校は8回まで2安打無得点、対する小松大谷は8点のリードで最終回を迎える。
ところが、星陵は9回裏、一挙9点をあげて大逆転サヨナラ勝利を得るのである。
だから高校野球は面白い、なんて訳知り顔で片付けてしまうのも嫌だけど、
それに、小松大谷の選手には掛ける言葉もないのだけど、
それでもやはり、こういうこともあるから、面白い、、、。

e0077638_2349073.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2014-07-28 23:52 | その他 | Comments(2)
Commented by ランブル at 2014-07-30 23:22 x
僕はハンドボールをしていたのですが前半11対1で折り返し後半1対11 結果引き分けという試合が有り 戦術の重要性と世の中何が起きても不思議ではないとその時実感したことを北陸のその試合で思い出しました 敗者はとんでもないものを得た訳です と阪神ファンで満員の神戸から
Commented by yasu at 2014-07-31 09:31 x
ランブルさん、こういうのは、敗者のほうこそ得るものは大きいかもしれませんね、、、連敗脱出のお祝いですかw、、、?
<< 野音で、この夏もセミの鳴き声をきいた 40年前の夏が、、、CSN&Y... >>