<< カーラ・ボノフ&J.D.サウザ... ピート・シーガーの願い >>
映画『メイジーの瞳』
2月12日(水)

昨日は、忙しい1日だった。
午後、都心で某会議に出席、
その後、夕方の約束まで時間があったので映画をみた。
こういうときは、つまり、時間つぶしのときは、
内容よりも、時間のほうを優先して映画を選んでしまう。
だから、映画をつくった人たちに申し訳ない気もしないではないが、
ともあれ、『メイジーの瞳』を。
主役のメイジーは、6歳の女の子。
この子は、どうしてそこまで大人たちの身勝手さに耐えることができるのか、、、と、
物語からすれば、胸が痛くなるはずなのに(実際、切ないところもあるにはあるのだけど)、
この子は、置かれた立場をすんなりと受け止めていく。
その様子が、みているこちらの気持ちを軽くしてくれる。
子役と呼ばれる人たち、殊に日本の場合は、演技をし過ぎるきらいがあって、
ぼくは好みではないのだけど、こうやって涼しそうに演技する女の子だったら別だ。
それにしても、
先日みた映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』とはえらい違いだった(笑)。

その後、北海道から上京した学生時代の友人とお酒を。
それも、たっぷりと。

e0077638_1552695.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2014-02-12 15:20 | 映画 | Comments(0)
<< カーラ・ボノフ&J.D.サウザ... ピート・シーガーの願い >>