人気ブログランキング |
<< シャノン・マクナリーが歌うボビ... ロックの日を浅草(六区)で。 >>
高田漣、そしてデヴィッド・ブルー。
6月11日(火)

昨日は、渋谷で高田漣さんの取材。
YMO、細野晴臣、斉藤和義、くるり、星野源などのレコーディングやライヴで、
高橋幸宏や原田知世らとのpupaで、
あるいはまた、
『横道世之介』や『箱入り息子の結婚』の映画音楽でも活躍する漣さんだが、
新作『アンサンブル』について、いろいろ話をうかがった。
インタビューの内容は、後日、毎日新聞に。

写真は、
新・名盤探検隊のシリーズ第2弾の中から、
デヴィッド・ブルーの『ストーリーズ』。

e0077638_120519.jpg


解説を書かせていただいたので、
その際に、過去のアルバムも久々に引っ張り出してみた。
ぼくが持っていた『ストーリーズ』のアナログ盤と、CDとは、ジャケットが違ってるんですね。

e0077638_1203449.jpg

by in-cahoots | 2013-06-11 12:18 | 音楽 | Comments(2)
Commented by オビ at 2013-06-17 01:56 x
天辰さんお久しぶりです。『ストーリーズ』の新しい解説を拝読させて頂きました。そして今日久し振りにこのアルバムを聞き直していました。ブルーの享年が41歳だったことを思い起こし、とっくの昔にその年齢をやり過ごしてしまった自分に気が付いたり、ブロムバーグがブルーの曲を取り上げていたなあ〜と忘れていたことが甦ってきたり。今晩も「Blues(All Night Long)」に耳を傾けつつ、ちびちびと杯を重ねています(^-^)
Commented by yasu at 2013-06-17 13:44 x
小尾さん、ご無沙汰ですw、、、変わりありませんか?
蒸し暑いですねえ、、、。
そう言えば、ジョージ・ハリスンが享年58歳だったので、ぼくはその年齢さえもとうに追い越しちゃってます、、、、なんだかなあw、、、、ですが。
<< シャノン・マクナリーが歌うボビ... ロックの日を浅草(六区)で。 >>