人気ブログランキング |
<< マーティン・ルーサー・キングの願い シュレルズの「ウィル・ユー・ラ... >>
コリーナ、コリーナ、何処に行ってたんだい
4月3日(水)

コリーナ、コリーナ、
何処に行ってたんだい、

で始まり、

歌をうたう鳥はいるし、
口笛を吹く鳥もいるけど、
でも、コリーナ、
きみがいないと何の意味もないんだ、
きみのことが忘れられないんだ、

と続く。
「コリーナ、コリーナ」。

ミシシッピーのブルースマン、ボー・カーターが、
1928年に初めて吹き込んだと言われるトラディショナル・ソングの一つ。
ぼくがいちばん馴染みがあるのは、ボブ・ディランの歌だが、
つい最近、ボズ・スキャッグスも取り上げていた。

他にも、ジョニ・ミッチェルが、「バード・ザット・ホイッスルズ」のタイトルで、
ジャズの大胆なアレンジで歌っていた。
ウェイン・ショーターのサックス・ソロを生かしながら、、、、。

e0077638_13295053.jpg


そこでは、彼女なりに歌詞を書き換えているが、
いずれも、本当に大切なものがなければ、
幾ら他のものが沢山あっても意味がない、という切ない思いを綴っている。
ただし、
レイ・ピーターソンのは、ティーン・アイドルものだけあって、
青春のほうに重きを置いたラヴ・ソングと言った感じだ。
1960年だから、フィル・スペクターがプロデュースした作品の中でも、
もっとも初期のヒット曲ですね。

e0077638_13303432.jpg

by in-cahoots | 2013-04-03 13:37 | 音楽 | Comments(2)
Commented by NOAH at 2013-04-06 15:10 x
天辰さん、こんにちわ。嵐がやってきそうな浅草です。

taj marhalで聞きました。ストーンズとのんびりと演奏してたのが
なんともいい感じでした。

おおmonobox
にも!探してみます。
Commented by yasu at 2013-04-07 00:17 x
NOAHさん、こんばんは。タジさんがいましたか、、、、、。
いま、まさに、嵐が、、、。
<< マーティン・ルーサー・キングの願い シュレルズの「ウィル・ユー・ラ... >>