<< 初釣行は、惨敗なりーー。 2012年も、宜しくお願いします。 >>
3:11(サンイチイチ)
1月6日(金)

「3:11(サンイチイチ)」。
昆さんたち、遺族、被災者への想像力にこれだけ欠ける物言いはない。
通り一遍の見聞だけで訳知り立てに話す人間のなんと多いことか。
震災はまだ現実だし、符号化してはならない。

毎日新聞1月4日付朝刊で紹介されていた記事からの引用だ。
三陸支援支局宮古駐在の鬼山親芳記者のコラムで12月20日岩手県版に掲載されたらしい。
文中に出てくる昆さんとは、
今回の震災で亡くなった岩手県釜石郷土史研究家昆勇郎さんのことをさす。
殊更正義感が強いわけでもないし、
むしろ、そういうのをふりかざすのが嫌いなほうなんだけど、
震災以降、喉を通り抜けてくれない異物の固まりのようなものがぼくにはあって、
たぶん、漠然とだけどこういうことなんだろうなと思う。

つまり、それは、
3月11日を含めてそれ以降日本で起きた諸々の不幸な出来事が
「3:11(サンイチイチ)」とひとくくりにして語られてしまうことへの違和感だ。
そして、それをどう扱っていいのかわからないままここまでやってきた。
はてさて、どうしたものか。

写真は、
グレン・グールドの「バッハ:ゴールドベルク変奏曲」
(もちろん、81年盤ではなく、55年盤をCD化したものです)。
今年、初めて聴いたのはこれだった。
不眠症ってことでもないのですが。
e0077638_2349574.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2012-01-06 23:52 | その他 | Comments(0)
<< 初釣行は、惨敗なりーー。 2012年も、宜しくお願いします。 >>