<< ドーズDAWES キース・リチャーズの自伝『ライフ』 >>
おおはた雄一、ロンサム・ストリングス&中村まり
6月29日(水)

渋谷のクラブクアトロでおおはた雄一、ロンサム・ストリングス&中村まり、
Port of Notesのライヴを観た。
とは言っても、Ports of Notesは途中からでほとんど観られなかったのだけど。

中村まりがロンサム・ストリングスと一緒のステージを観るのは初めてだった。
そもそも、一気に目の前の景色を変えるというか、
ページをめくらせてしまうような力がこの人の歌声にはある。
しかも、ロンサム・ストリングスとの相性も良くて、
遠い過去に作られた歌でも、
彼女がどんどん仲良しになってきている様子が見ているだけでもわかる。
そして、ぼくなんかを旅にでも出たくなるような気にさせるのだ。

久々にみたおおはた雄一は、随分と逞しくなっていた。
少々乱暴でも、肝心なところが丁寧であればいい、
そういうしたたかさというか、しなやかな強さが歌に加わったような気がした。
いずれにせよ、
こういう人たちが着々と新しい景色を塗り込んでくれているのかと思うと嬉しくなる。
真夏日で、道路に倒れ込み、そのまま溶け込んでしまいそうな暑さだったけど、
気分の良い夜だった。
それにしても、夜の渋谷って騒々しくて凄いですねえ。
ああ、海に行きたーーーい(笑)。

e0077638_1732226.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2011-06-30 17:58 | 音楽 | Comments(0)
<< ドーズDAWES キース・リチャーズの自伝『ライフ』 >>