<< キース・リチャーズの自伝『ライフ』 愛こそはすべてall you ... >>
キングレコードの80年
6月27日(月)

先日、『キングレコードの80年 1930-2011』という社史をいただいた。
文字通り、創業80周年を記念してキングレコードの歴史を綴ったもので、
その流れに沿ったCDが4枚、計80曲が添えられていた。
最近だと、AKB48が猛威をふるっているので名前があがることも多くなったが、
そもそもは1930年(昭和5年)10月、
講談社内にキングレコード部が設置され、レコード事業が発足する。
11月、ポリドール蓄音器商会の録音室を借りて淡谷規子(故・淡谷のり子)の「マドロス小唄」を録音、翌1931年1月、同曲を含めて第一回新譜が発売される。
それが、キングレコードの創業とされているそうだ。
e0077638_11191687.jpg

その後、1947年にはキング音響株式会社として講談社から独立、
1951年にキングレコード株式会社となり、現在に至るらしい。
草創期の代表曲として、
東海林太郎の「山は夕焼け」や松島詩子の「マロニエの木陰」などがあげられている。
上記の2曲などはさすがにぼくも覚えはないが、
50年代にさしかかり、
小畑実の「長崎のザボン売り」、津村謙の「上海帰りのリル」、江利チエミの「テネシー・ワルツ」、高英男の「雪の降る町」、春日八郎の「お富さん」、大津美子の「ここに幸あり」、
平尾昌章の「星は何んでも知っている」、ペギー葉山の「南国土佐を後にして」などになってくると、幼い記憶の中にしっかりと刷り込まれていて、たぶん、みんな歌える。
これはぼくに限らず、60才を越えたかたはだいたいそうではないだろうか。

1960年代となると、記憶はもっと鮮明だ。
仲宗根美樹の「川は流れる」、三橋三智也の「星屑の町」、ザ・ピーナッツの「恋のバカンス」や「恋のフーガ」、梓みちよの「こんにちは赤ちゃん」、高倉健の「唐獅子牡丹」、伊東ゆかりの「小指の想い出」、布施明の「霧の摩周湖」、ビリーバンバンの「白いブランコ」等々ーー。
こうやってみると、本当に数多くのヒット曲を放ち続けていたことになる。
e0077638_11202558.jpg

1970年代には、
上条恒彦と六文銭の「出発の歌」、夏木マリの「絹の靴下」、布施明の「シクラメンのかほり」などが、
また、80年代以降も、
麻倉未稀や中山美穂などの名前が同社の人気シンガーとしてあげられているが、
ぼくが加速度的にテレビを主としたメディアから流れる日本の音楽に関心をなくしていったせいもあって、このあたりから縁遠くなっていく。
むしろ、キングレコードで思い出すのは、
一つは、1970年代に入って間もなくそこからベルウッド・レコードがスタートしたことだ。
その第一弾となったのが、あがた森魚の「赤色エレジー」で、他にも高田渡、西岡恭蔵、小室等、及川恒平、ザ・ディランII等々、これもまたぼくには印象深い。

それともう一つが、
60年代から70年代にかけて、海外のレーベルを積極的に紹介してくれたことだ。
キャピトルやデッカ、マーキュリーにヴァンガード、20世紀にA&Mなどのレーベルがそうで、
ローリング・ストーンズやプロコル・ハルム、レイ・チャールズにジリオラ・チンクェッティ、
ロネッツにタートルズにゾンビーズ等々はいずれもキングレコードからの発売だった。
キャロル・キングの『つづれおり』も、
キャット・スティーヴンスの『ティーザー・アンド・ファイアキャット』もそうだったし、
カーペンターズやギルバート・オサリバン等々ーー、
キングレコードを通じて知った曲やミュージシャンや曲も数知れない。
e0077638_11241324.jpg

e0077638_1121528.jpg

そして、もちろん、
これも当時のベルウッド・レコードが残した大きな財産となる一枚だ。
細野晴臣の『HOSONO HOUSE』。
e0077638_11222749.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2011-06-27 12:09 | 音楽 | Comments(2)
Commented by NOAH at 2011-06-27 12:37 x
キングレコード=歌謡曲というイメージばかりがありましたが
そうですねBELLWOODが・・・CD時代の復こうから知りましたが「大瀧詠一」や「細野ハウス」「ディランにて」は今でも良く聞いています
Commented by yasu at 2011-06-27 23:48 x
NOAHさん、そうかあ、ぼくは、60年代、ラジオから流れてくる海外のヒット曲がキングレコードからでていたので、そちらのほうがイメージは強かった。少ない小遣いでシングル盤を買ってましたからねえ。
<< キース・リチャーズの自伝『ライフ』 愛こそはすべてall you ... >>