人気ブログランキング |
<< ブレッド&バターの楽しい夕べ エリア・コード615、八木誠さん >>
佐野元春、クラレンス・クレモンズ
6月20日(月)

昨日は、有楽町の東京国際フォーラムで佐野元春30周年アニバーサリーツアー・ファイナルを。
佐野元春がいて、バンドがいて、音楽があって、
そして、それを聴く、一緒に楽しむ人たちがいた。
ただそれだけの毅然とした時空が、なんと気持ちの良かったことか。
ステージと客席との間の垣根はもちろんだが、
会場を囲むありとあらゆる壁が取り壊されたというか、
もともとそこには壁とか、その類のものは何ひとつ存在していないかのような、
そんな不思議な印象さえ受けた。

佐野元春、クラレンス・クレモンズ_e0077638_13432211.jpg


そして、
その会場であるかたからクラレンス・クレモンズの悲報をきいた。
言うまでもなく、ブルース・スプリングスティーンの古くからの仲間であり、
彼が率いるE・ストリート・バンドの名物サックス奏者だ。
ライヴでの熱演はもちろんだが、
『明日なき暴走(Born To Run)』のジャケットでも忘れがたい。
ブルースが本当に嬉しそうに身体をあずけている、
その表情がたまらなくぼくは好きで、
それほど彼が無防備な表情をする人だったら、
素晴らしい人なんだろうと思ったものだった。
米国時間6月18日、午後7時。脳卒中の合併症で死去。
69才だった。
佐野元春、クラレンス・クレモンズ_e0077638_13443984.jpg

by in-cahoots | 2011-06-20 14:17 | 音楽
<< ブレッド&バターの楽しい夕べ エリア・コード615、八木誠さん >>