人気ブログランキング |
<< 2010年、わたしの、ぼくのb... 映画『クレイジー・ハート』とス... >>
ロン・ウッドにワディ・ワクテル
12月20日(月)

昨日に続いて二日連続の忘年会というか、飲み会というか。
師走の銀座の夜は、
気のせいか、
すれ違う人たちの歩みもはやい。

写真は、
ロン・ウッドの『アイ・フィール・ライク・プレイングI Feel Like Playing』。
『ナウ・ルック』あたりの弾んでる感じもいいけど、
この怠い感じも大好きで
今年、よく楽しませてもらった1枚。
こういうリズムを楽しませてくれる人も、
こうやってギターにこだわっている人も、
なかなかいなくなったなあと思う。
e0077638_14225785.jpg


そう言えば、ここで、
スラッシュやビリー・ギボンズなどと参加している
ギターのワディ・ワクテル、
彼が、
リック・マロッタ、ダン・ダグモア、スタンリー・シェルダンと組んでいたローニンが、
紙ジャケットで発売された。

1978年の発売当時の解説を、
新たに書き直しさせてもらいました。
e0077638_14242563.jpg

by in-cahoots | 2010-12-21 14:34 | 音楽 | Comments(4)
Commented by obinborn at 2010-12-23 01:53
ワディとの絡みも見せ場のロン ウッドの新作
ぼくも懐かしい便りのように楽しんでいます

「見てごらん、年老いたコヨーテが月に吠えているよ」
と歌われる一曲めは
たぶんぼくがあと5年たっても6年経とうとも 2010年の秋に
体重を減らすための努力をしながら聞いた曲として記憶されること
でしょう

ぶきっちょなギターと本格的ではないヴォーカルが逆に
信頼を増していく、、、そんな人をずっと聞いてきて大好きで
ぼくもまた嬉しいです

Commented by yasu at 2010-12-24 01:32 x
小尾さん、
こんばんは。
ロン・ウッドは、相変わらず良いですよねえ。
いまでも方言が抜けないようなギターが、ぼくは大好きなんですよ。
Commented by NOAH at 2010-12-29 14:13 x
ワクテルさんがキースとバンドを組んだのには驚きました

日本でも見たかったなあ
Commented by in-cahoots at 2010-12-29 21:04
NOAHさん、
きっと、感覚的にあったんでしょうね。
と言うか、キースに憧れてたんでしょうね。
以前、リンダ・ロンシュタットが、ストーンズの「ダイスをころがせ」をカバーした際、ワディさんがいろいろアドバイスしたらしいですからね。
<< 2010年、わたしの、ぼくのb... 映画『クレイジー・ハート』とス... >>