人気ブログランキング |
明日、2/13は、Cafe,Dining & Bar 104.5で!
いつの間にか明日になりました。堀江博久さんと、1970年をテーマに曲を流します!宜しければ、遊びに来て下さい!

# by in-cahoots | 2020-02-12 13:58
新年のご挨拶、そして2019年度Best3の発表
遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
今年こそは、このブログも怠ることなく、だけど無理はせずに少しずつやっていこうかと思っていますが、はやくも、2週間近く経ってしまいました。

ともあれ、In-Cahootsでは、2019年Best3が更新されました。
このブログを覗いてくださってるかたはご存知だと思いますが、
毎年恒例の、読者の皆さんとの楽しい企画です。
念のためにここにも貼っておきますので、是非、ご覧になってください。

今年も、宜しくお願いしますね。




# by in-cahoots | 2020-01-13 10:45 | 音楽
2019年の夏
8月31日(土)

8月も最後の日、、、
まだ暑さは残ってるけど、そろそろ、夏から秋へ、そんな季節の移行を感じさせるようになってきた。
暑いなあ、奇妙な天気だなあ、と繰り返し呟いているうちに、
時にどんどん追い抜かれ、
聴いた音楽が、観た映画が、書いた原稿が増えただけで、、、
そんな気もする。
もちろん、忘れがたい思い出もできたけど、、。

写真は、その一つ、ぼくにとっては唯一の夏フェス(室内w、、)、
ワールドハピネスで青森の八戸にうかがったときの会場入り口。
YSアリーナ八戸(スケート場)のこけら落しとして開催された今年のワールドハピネス、
コーネリアス、ゴスペラーズ、きゃりーぱみゅぱみゅ、DJ TOWA TEI、槇原敬之、
そしてキュレーターでもある高橋幸宏(ゲスト鈴木慶一)といった人たちの出演で、
大きな会場に集まった皆さんは、驚いたり、喜んだりしながら、
バラエティに富んだ音楽をそれぞれの受け止めかたで、楽しんでいた。
もちろん、ぼくも、、、。
2019年の夏_e0077638_13024936.jpg
後は、こんなのを聴いたり、ほんの一部だけど、、、。
ローリング・サンダー・レヴュー 1975年の記録/ボブ・ディラン
ターン・オフ・ザ・ニューズ/ルーカス・ネルソン&プロミス・オブ・ザ・リアル
高橋幸宏ライヴ2018サラヴァ・サラヴァ! 
Capitalist Blues / Leyla McCalla
Let's Rock / The Black Keys
I Am Easy To Find/ The National
Live At Woodstock / Creedence Clearwater Revival  
Between The Country / Ian Noe
Help Us Stranger / The Raconteurs
etc. 

2019年の夏_e0077638_12440844.jpg
こんな映画やDVDを観て、
カーマイン・ストリート・ギター
ロケットマン
新聞記者
ウディ・ガスリー・オールスター・トリビュート・コンサート1970
etc.
2019年の夏_e0077638_13015418.jpg
こんな原稿を書き、、。
ボブ・ディランのローリング・サンダー・レヴュー/Rockin' On
リアム・オメンリィ(ホットハウス・フラワーズ)のインタビュー/Music Magazine
ジェシ・ウィンチェスター/ERIS新連載 誰の二番目でもなくSecond To None
ケルティック・クリスマス2019/Intoxicate
エルトン・ジョン ロケットマンの真実/日経BP 大人のロック! 特別編集 
etc.
2019年の夏_e0077638_13011533.jpg




# by in-cahoots | 2019-08-31 14:17 | 音楽
リッキー・リー・ジョーンズも、デビューから40年が経つ。そして、来日公演、、、。
5月11日(土)

このところ、コンサートに足を運ぶ機会が多くて、外出が続いた。
先月からのも含めると、ルーファス・ウェインライトにジョン・メイヤー、エリック・クラプトンにボズ・スキャッグス、
いずれも、キャリアのある人たちばかりだけど、それなりに現代を表現しているように思えて心強かった。
ジョン・メイヤーのライヴ評は、朝日新聞で書かせていただきました。
ボズ・スキャッグスのは、後日、毎日新聞で。

来週は、ダニー・コーチマー&イミディエイト・ファミリーにリッキー・リー・ジョーンズだ。
リッキー・リー・ジョーンズも、『浪漫』でデビューして40年になる。
新作『キックス』が、来日公演にあわせ、世界に先駆けて日本先行発売になる。
『マイ・ファニー・ヴァレンタイン』や『ポップ・ポップ』、
『イッツ・ライク・ディス』や『ザ・デヴィル・ユー・ノウ』などに続き、
評判のカヴァー・アルバムになっている。
ともあれ、年齢を重ねてもなお、緊張感のある人生が伝わってくるような歌を奏で続けていて、
そのあたりからして、貴重な存在ではないかと。

昨日ご紹介したワディ・ワクテル、スティーヴ・ポステルのアルバムに続いて、
彼女のでもライナーを書かせていただきました。
また、フライヤーでも、来日公演に寄せた拙文を掲載させていただいてます。
宜しければ、こちらも、読んでみてください。 

なんだか、宣伝ばかりになってしまいましたね。

                      
リッキー・リー・ジョーンズも、デビューから40年が経つ。そして、来日公演、、、。_e0077638_01575709.jpg







# by in-cahoots | 2019-05-11 10:23 | 音楽
ワディ・ワクテル、スティーヴ・ポステル、、、。
5月10日(金)

今日の名古屋公演から、始まるらしい。
ダニー・コーチマー&ザ・イミディエイト・ファミリーの来日公演、、、。
その来日に合わせて発売されたのが、下記のアルバムたち。

ワディ・ワクテルの『アンフィニッシュド・ビジネス』、
スティーヴ・ポステルの『ウォーキング・スルー・ジーズ・ブルース』、
ラス・カンケルの『シャトー・ビーチ』。

このうち、ワディ・ワクテル、スティーヴ・ポステルのライナーを書かせていただきました。
宜しければ、読んでみてください。

ワディ・ワクテル、スティーヴ・ポステル、、、。_e0077638_12544324.jpg

# by in-cahoots | 2019-05-10 13:08 | 音楽