PET SOUNDS RECORD presents@武蔵小山、リンダ・ロンシュタットの特集です。
5月19日(金)

バタバタしている間に、本日5月19日(金)になってしまいました。
天気も良さそうです、散歩がてらに武蔵小山まで遊びにいらっしゃいませんか。
PET SOUNDS RECORDの森陽馬さんのお誘いで始まったトーク・イベント、
リンダ・ロンシュタットの特集です。
宜しければ、是非、、、。

PET SOUNDS RECORD presents
<天辰保文 トーク・イベント Talking Man Vol.7>
リンダ・ロンシュタット特集
5月19日(金) open: 18:30 / start: 19:30
出演: 天辰保文、森陽馬
入場料 : 1500円
会場 : Live Cafe Again ℡03-5879-2251
〒142-0062 品川区小山3-27-3 ペット・サウンズ・ビル 地下1F

e0077638_02292014.jpg

[PR]
# by in-cahoots | 2017-05-19 02:32 | 音楽 | Comments(0)
レイ・デイヴィスの『アメリカーナ』を聴く
5月15日(月)

こういうのにも、ぼくは滅法弱い。
キンクスの再編成は、なかなか進まないようだけど、
こういうソロ・アルバムを出してくれるんだもの、いつまでも待つことにしようと思う。

レイ・デイヴィスの『アメリカーナ』、
聴けば聴くほどに心に染み入ってきて、、、。
今日は、一日中聴いていた。

e0077638_23101478.jpg

[PR]
# by in-cahoots | 2017-05-15 23:12 | 音楽 | Comments(0)
映画『マンチェスター・バイ・ザ・シー』を観る
5月13日(土)

折角の休みだというのに、朝から雨だった。
普段のぼくなら、
こういう日は、家に閉じこもるのだけど、
このところ机にしばられっぱなしだったこともあり、
久しぶりに映画を観に行くことにした。

『マンチェスター・バイ・ザ・シー』、今日から公開の映画だ。

音楽は音楽でしか、小説は小説でしか、
どうしても表現できないことがあるように、
映画には映画にしか、表現できないところがあるんだなあ、
だからこそ、音楽も文学も映画も、それぞれがちゃんと存在し続けているんだなあと、
当たり前のことに改めて気づかされるような、そんな映画だった。

物語を進めるテンポのようなものも、そこに流れる温度のようなものも、
ずっと淡々としたものだったけれど、
でも、ひとときも目が離せなかった。
こういうのに、ぼくはめっぽう弱かったりするw、、。
e0077638_00401781.jpg

[PR]
# by in-cahoots | 2017-05-14 00:48 | 映画 | Comments(0)
桜の季節に、ドゥービー・サウンズが弾む
4月15日(土)

ようやく春らしい気候になってきましたね。
我が家の近くでも桜が満開に。
ただし、桜というのは、写真に収めるのが難しい、といつも思う。
ぼくが下手くそなのか、しれませんが。

そんなときに届いたドゥービー・ブラザーズの再発CDシリーズ、
紙ジャケットを含めて、幾度かCD化されてきましたが、
今回のは、2016年リマスターと銘打たれている。
音質だとかには余り関心のあるほうではないけれど、
そんなぼくでさえも、これはすごいと、驚かされたくらいだ。
それにしても、
桜の季節に、ドゥービー・サウンズは気持ち良く弾む。
『ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・ドゥービー・ブラザーズ』、
『ファースト』、『トゥールーズ・ストリート』の3枚のライナーノーツを書かせていただきました。
宜しければ、、、。
e0077638_09181470.jpg

[PR]
# by in-cahoots | 2017-04-15 09:24 | 音楽 | Comments(0)
ローウェル・ジョージ、72才の誕生日
4月14日(金)

昨日4月13日は、
ローウェル・ジョージの誕生日だった。
存命なら、72才ということになる。

そんなわけで、
『大人のmusic calendar 』に、彼のことを書かせていただきました。
宜しければ、、、、。

[PR]
# by in-cahoots | 2017-04-14 10:09 | 音楽 | Comments(2)
J・ガイルズ、旅立つ
4月13日(木)

また一人、旅立っていった。
J・ガイルズ・バンドを率いていた、J・ガイルズことジョン・ウォーレン・J・ガイルズ・jrが、
4月11日、マサチューセッツの自宅で死亡しているところを発見されたらしい。
死因に事件性はなく、自然死とのことだ。
71才だった。

J・ガイルズ・バンドでは、
ピーター・ウルフやセス・ジャストマンやマジック・ディックのほうが親しまれていた。
それでも、彼のギターがなければ、あのファンキーなロックは存在しなかった。
80年代に入って売れたが、その頃はほとんど聴かなくなっていた。
ぼくの中でのJ・ガイルズ・バンドは、無冠の帝王の称号がいちばんふさわしかった。
例えば、
『悪魔とビニール・ジャングル』の邦題でも親しまれた『Nightmars...and other tales from the vinyl jungle』、
「デトロイト・ブレイクダウン」のイントロからしてワクワクさせられたし、
久々に取り出して聴いたけど、最後まで圧倒っぱなしだね。

e0077638_13112531.jpg

[PR]
# by in-cahoots | 2017-04-13 13:18 | 音楽 | Comments(0)
PET SOUNDS RECORD presents、天辰保文トーク・イベントの次回は5月19日、リンダ・ロンシュタットの特集です。
4月9日(日)

武蔵小山の名物レコード店PET SOUNDS RECORD、
そこの森陽馬さんのお誘いで始まったトーク・イベント、
次回の告知をさせてください。
リンダ・ロンシュタットを特集しようと思います。
1970年代、カリフォルニアが好きな、ロックが好きな男の子たちは、
みーんな夢中になった(はずです)、
こんなガールフレンドがいいなあ、と願った(はずです)、
そして、
自分のガールフレンドのことのように、
彼女のことを熱く語った(はずです)。
そんな彼女の歌声を、一緒に楽しみましょう。
もちろん、いまは病気で歌えなくなったという彼女へのエールもかねて。

PET SOUNDS RECORD presents <天辰保文 トーク・イベント Talking Man Vol.7>
リンダ・ロンシュタット特集
5月19日(金) open: 18:30 / start: 19:30
出演: 天辰保文、森陽馬
入場料 : 1500円
会場 : Live Cafe Again 
℡03-5879-2251
〒142-0062 品川区小山3-27-3 ペット・サウンズ・ビル 地下1F
e0077638_13082832.jpg

[PR]
# by in-cahoots | 2017-04-09 13:20 | 音楽 | Comments(0)
キャロライン・スペンスの映像を眺めながら、、。
4月8日(土)

桜も咲き誇り、ちょうどいい週末だけど、
天気がいまひとつパッとしない。
そんなわけで花見は諦めて、家で、仕事に精を出すことにした。
こういうので息抜きしながら、、、ですが。

ローリング・ストーン誌が、
2015年の春に、あなたが知るべき新しい10人のカントリー・アーティストに選出した。
キャロライン・スペンス、
ヴァージニア出身だが、ナッシュヴィルで活動する女性シンガー・ソングライターだ。
先月、新作『Spades And Roses 』を発表したばかり。
これは、その中の「Hotel Amarillo 」の映像、
そのホテルでたまたま書き上げたらしい。
映像を見ていると、なんだか楽しくなってくる。
Tシャツにレコードに、その他にもいろいろと、、。


[PR]
# by in-cahoots | 2017-04-08 13:54 | 音楽 | Comments(0)
『ALL ABOUT Norah Jones [オール・アバウト・ノラ・ジョーンズ] 』
4月6日(木)

この2、3日、春らしくなって、
我が家の近くでも、
桜が咲き誇り、景色を華やかに彩るようになった。

こういう季節に良く似合うのが、この人、ノラ・ジョーンズの歌声だ。
来日公演を控えて、こんな本が出た。
『ALL ABOUT Norah Jones [オール・アバウト・ノラ・ジョーンズ]』(シンコーミュージック)。
この中で、ちょっとしたエッセイを書かせていただきました。
宜しければ、是非、、、。
e0077638_15033825.jpg

[PR]
# by in-cahoots | 2017-04-06 15:08 | 書籍 | Comments(0)
映画『ムーンライト』を観た
4月4日(火)

先日、映画『ムーンライト』を観た。
アカデミー賞で最優秀作品賞に輝いた映画だ。
授賞式では、授賞作名を記した封筒が、
プレゼンターのウォーレン・ビューティとフェイ・ダナウェイに他のものと間違って渡され、
『ラ・ラ・ランド』と読みあげられた。
『ラ・ラ・ランド』のスタッフが大喜びし、壇上でスピーチのさいちゅうに事実が発覚、
正式に、『ムーンライト』が受賞した。
アカデミー史上前代未聞のハプニングとなったが、その映画だ。
しかも、予定を繰り上げての日本公開となった。

監督、脚本のバリー・ジェンキンスをはじめとして、黒人だけのキャストによる映画では、
アカデミー史上初の作品賞らしい。
しかも、LGBTQを題材にし、
製作費も僅か6億円というインディペンデント映画にもかかわらずの快挙だった。
題材を別にしても、すんなりと入っていけないところもあったが、
とても誠実に向き合って作られた映画だというのがわかる。
映画に対する、人間に対する誠意が、
観ていて切なくなってくるくらいだった。
e0077638_10475397.jpg

[PR]
# by in-cahoots | 2017-04-04 10:55 | 映画 | Comments(0)