<   2016年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧
映画『シーモアさんと、大人のための人生入門』を観たら、梅雨が明けた
7月30日(土)

映画『シーモアさんと、大人のための人生入門』は、
89才のピアノ奏者でピアノ教師でもあるシーモア・バーンスタインを主人公に、
イーサン・ホークが監督した初のドキュメンタリー映画だ。

生徒にピアノを教えるシーンを含めて、ほとんどがシーモアとの会話や彼のお喋りで、
これと言ってドラマティックを狙ったところはないけれど、
音楽が、また生きるということが如何に価値のあるものか、改めて教えられた感じで幸せな気分になった。

そして、そんな音楽を、
ぼくは、日頃ぞんざいに扱ってないか、ちゃんと大切にしているか、
生に対していい加減すぎないか、
そんなことを我が身に突きつけながら、帰り道、冷たいビールで火照った喉を潤おしたのだった。

「夢にも思っていなかった、、、この二つの手で青空さえつかめるとは」
シーモアの言葉だ。

その翌28日、関東地方の梅雨明けが宣言された。

e0077638_09530613.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2016-07-30 09:55 | 音楽 | Comments(0)
中川五郎のバースデイ・ライヴ&ライヴ・レコーディング
7月25日(月)

フォーク・シンガー、中川五郎さんのバースデイ・ライヴ&ライヴ・レコーディング@下北沢La Canaに行ってきた。
この日で、67才になる五郎さんだ。
近年は、全国各地で、世の中への思いを歌に託して歌い続けている。
この日も、心の体重がきちんと乗っかった歌たちをたっぷりと楽しませていただいた。

殊に、印象的だったのは、
ボブ・ディランの「風に吹かれて」だ。
この歌は、時代と共にいまもなお生き続けているのだと、
五郎さんは、「風に吹かれ続けている」と歌ったのだった。
それも、とても力強く、、。
e0077638_00244903.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2016-07-29 00:45 | 音楽 | Comments(0)
大貫妙子の『パラレルワールド』
7月14日(木)

大貫妙子さんのソロ・デビュー、40周年BOX『パラレルワールド』、
インタビューという形で、お手伝いさせていただきました。
その他、初めてLP化された「PURE ACOUSTIC」を含めて、
盛り沢山の内容なのに、風のように涼しげで、
文字通りの大貫さんのパラレルワールドに触れることがでます。

e0077638_08282098.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2016-07-14 08:30 | 音楽 | Comments(0)
猛暑日に聴くヘッズ・ハンズ&フィート
7月7日(木)

いつの間にか7月に、そして、暑い日が続く。
殊に今日は、今年いちばんの暑さで、
午前11時には東京都内でも36℃を記録したらしい。

そんな日に、
名盤発見伝シリーズで発売されたばかりのヘッズ・ハンズ&フィートの2枚のアルバム、
『ヘッズ・ハンズ&フィート』、『トラックス+2』が届いた。
いずれも、ライナーノーツを書かせていただいたからで、
1970年初期に、英国の若き才能が集まり、そして別れて行った。
そこに残された豊かな音楽は、いま聴いても魅力いっぱいだ。
アルバート・リーやチャス・ホッジズなどが在籍していたことでも知られる。
そのアルバート・リーの『ハイディング』も、同時に発売になった。
ブリンズリー・シュウォーツあたりのパブ・ロックが好きな方も、
もちろん、米国の南部音楽が好きな方にもお薦めです、、、。

e0077638_00183516.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2016-07-08 00:24 | 音楽 | Comments(0)