<   2016年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧
2016年5月27日、米国オバマ大統領広島を訪問
5月30日(月)

「71年前、晴天の朝、空から死が降ってきて世界が変わりました。
閃光と炎の壁がこの街を破壊し、人類が自分自身を破壊する手段を手に入れたことを示しました」。
 と、始まり、こう続く。
「私たちはなぜここ広島に来るのでしょうか」と。

2016年5月27日(金) 米国の現職大統領としては初めて、バラク・オバマ氏が広島の平和記念公園を訪問。
そのとき、約17分にも及ぶ所感を述べたという。

そして、こう締めくくった。
「広島がそして長崎が、核戦争の夜明けではなく、私たちの道義的な目覚めの始まりであるべきです」と。

翌28日付、毎日新聞訳より。
e0077638_12103186.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2016-05-30 12:22 | その他 | Comments(0)
こんな雨の日は、マイルス・デイヴィス×ロバート・グラスパーで。
5月27日(金)

昨日、5月26日は、マイルス・デイヴィスの誕生日だった。
存命なら90才、つまり今年は生誕90年、
ということで、伝記映画『マイルス・アヘッド』(日本公開は12月予定らしい)も話題だが、
そこで、音楽監督の一人としてかかわっているロバート・グラスパーが、
新しいトリビュートの形で、こんなアルバムを発表した。
エリカ・バドゥ、ビラル、ローラ・マヴーラ、キング、ジョン・スコフィールドetcを迎えている。

『エヴリシングス・ビューティフル/マイルス・デイビス×ロバート・グラスパー』。

ライナーノートで、グラスパーはこう記している。
「僕にとって最大の感謝の表現は、どういう風にインスパイアされたかを伝えること。
「ほら、お前の曲を弾いてるよ」よりも、「おい、お前がいたからこの曲が書けたよ!」ってこと」。

雨が降ってて鬱陶しい一日、その幕開けには、悪くない選択だったと思う。
e0077638_12412793.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2016-05-27 12:53 | 音楽 | Comments(0)
プリシラ・アーンの歌声は、やはり、素敵だった。
5月26日(木)

歌は、誰かに歌われることによって新しい表情をみせてくれる。
こんなに素敵な歌だったかと、、、。
そうやって、また新しい季節を生きていく。

昨日は、プリシラ・アーンのライヴをみた@ビルボード・ライヴ東京。
母親になった彼女は、我が子への思いをも込めた新作『LA LA LA』を発表して間もないが、
その中からの「In My Bed」やジブリ映画『思い出のマーニー』の主題歌「Fine On The Outside」や
宇多田ヒカルの「ぼくはくま」等々、
リクエストの多かった曲から作ったというセットリストに沿って歌っていった。
「Rain」や「Dream」といった懐かしい曲もあった。

彼女は、最後のほうで、「ムーンリヴァー」と「ひこうき雲」を歌った。
いずれも、余りにも有名な曲のカヴァーだけど、
それがいずれも、なんとも素敵だったのだ。
もちろん、彼女のオリジナルも間違いなく素敵だったけれど、、、。

e0077638_10341751.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2016-05-26 10:39 | 音楽 | Comments(0)
背黒イワシを肴に飲んだ夜
5月24日(火)

この2、3日、家人が外出しているので夕食は一人だ。
酒の肴をつまみながら、
のんびりと夕刊に目を通したり、テレビを眺めながら夕食をとる。

昨晩も、そうやって冷やした腰古井をちびちびやっていると、
近所の友人が背黒イワシをオイルでサラッと炒めて、そこに絞るレモンと一緒に持ってきてくれた。
それがなんとも、サラッとしてすこぶる美味で、格好の肴になった。

うっかりして、写真を撮るのを忘れたので、
先日、久々にとりだしたガイ・クラークの『OLD NO 1』を。
1970年代にシンガー・ソングライターをむさぼり聴いた人たちには忘れられない人だが、
5月17日、74才で亡くなったらしい。
その訃報を知った夜は、ずっと聴いていた。
e0077638_22303096.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2016-05-24 22:37 | その他 | Comments(0)
ディランが呼びこんだ偶然、、、。
5月17日(火)

すっかり更新を怠ってしまいました。
連休も終え、むしろ慌ただしい日々から少し解放されたような平穏な暮らしに戻った感じでしょうか。
昨日は、<PET SOUNDS RECORD プレゼンツ天辰保文トークイベントTalking Man Vol.4>
ということで、武蔵小山のCafe Againで楽しいひとときを過ごさせていただきました。

足を運んでくだったみなさん、ありがとうございました。
ボブ・ディラン特集、
くしくも、ちょうど50年前のこの日、
1966年5月16日は、『ブロンド・オン・ブロンド』がリリースされた日でした。
そんな話で盛り上がっているところに、Cafe Againの店主石川茂樹さんから、
ビーチ・ボーイズの『ペット・サウンズ』のリリースも、同日だったという情報が、、。
このイベントは、ペット・サウンズ・レコードの森陽馬さんのお誘いで始めたものだし、
ディランとブライアン・ウィルソン、二人が同時に日本に滞在してライヴをしていたのも記憶に新しいところでしたからね。
しかも、イベントを終えて、陽馬さんのお父さんで、店主の森勉さんと雑談中に、
あの2枚のアルバムのジャケットで、ディランとブライアン、色こそ違え二人とも同じようにPコートを着てるんです、と指摘され、
いやはや、、、。
この日は、なんという日だったんだろう。
途中で地震まできたし
(ディランのカヴァーをと、マクギネス・フリントの「サイン・オン・ザ・クロス」を聴いているところで、慌ててレコードプレイヤーを止めたり)、、。
ともあれ、陽馬さん、石川さん、お疲れさまでした。お世話になりました。
足を運んでくださったみなさん、ありがとうございました。
また、お会いしましょう。
e0077638_12150676.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2016-05-17 12:21 | 音楽 | Comments(0)