<   2016年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧
アメリカン・フライヤーの2作
3月31日(木)

最近、ライナーノーツを書かせていただいたアメリカン・フライヤーの2作。
『アメリカン・フライヤー』、『スピリット・オブ・ア・ウーマン』。
『アメカン・フライヤー』のほうは、
先ごろ亡くなったジョージ・マーティンのプロデュースでも話題になった。
e0077638_11534542.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2016-03-31 11:56 | 音楽 | Comments(0)
ボニー・レイットの歌声で、重い気分を吹き飛ばす
3月30日(水)

3月29日午前0時、安保法案が施行された。
これで、憲法が禁じる武力行使に当たるとしてこれまで認めていなかった集団的自衛権の行使が可能になった。
日本は大きく変わっていくことだろう。

写真は、ボニー・レイットの新作『DIG IN DEEP』だ。
重い気分を吹き飛ばしてくれる。
このアルバム、全曲試聴ができて、既に楽しませてもらってきたけど、
だったら、ちゃんとお返し(購入)するのもまた礼儀だろう、と。
ここんとこは、CDで、、、。

e0077638_13214481.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2016-03-30 13:30 | 音楽 | Comments(0)
この2,3日は家でのんびりと、そしてボブ・ディラン、、、。
3月28日(月)

先週は、慌ただしかった。
水曜日23日にcafe 104.5さんで、堀江博久さんとDJをやり(来てくださったみなさん、ありがとうございました)、
翌木曜日24日には、山下達郎 PERFORMANCE 2015-2016の東京公演@NHKホールに足を運び、、、
その他にも、いろいろ雑事を重ねているうちに体調を壊したみたいだ。

それで、週末は大学病院に。
もともと、治療中のがあって、それの検査日にあたっていたのでついでに診てもらうことにした。
日ごろから混んでいるのに、
週末ともなると大変な混雑で、ほとんど一日を病院で過ごすことになった。

そんなこんなで、この2,3日は自宅で横になったり、
プロ野球や高校野球をTV観戦したりで、のんびりと過ごした。

写真は、送っていただいたボブ・ディランの来日記念盤。
新作『フォールン・エンジェルズ』からの先行発売で、「メランコリー・ムード」を含めた4曲が収録されている。

e0077638_14573290.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2016-03-28 15:08 | その他 | Comments(0)
明日は、cafe104.5で楽しい夜を、、。
3月22日(火)

気づくと、もう明日になってましたね。
神田のcafe 104.5さんでのDJイベント、居心地の良いお店です。
宜しければ、是非、遊びにいらしてください。
以下がお店からの告知です。

Music Voyage 3.23wed.
2016年3月23日(水)
cafe104.5の"Music Voyage"は、さまざまなジャンルの音楽をお楽しみいただけるイベント。
どんなvoyage(旅)になるかはその日の出演者の舵取り次第。
くつろいで、お酒と食事を楽しみながら、音楽の旅に出かけましょう。
3月は天辰保文さんと堀江博久さんをお迎えします。
DJ: 天辰保文、堀江博久
[DJ time]7:30pm〜9:30pm
Admission Free(入場無料)
ご予約はお電話にて承ります。03-3251-1045
e0077638_15002912.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2016-03-22 15:07 | 音楽 | Comments(0)
宮城県に行ってきた
3月20日(日)

18日から19日にかけて、宮城県に行ってきた。
仙台では、Date fmで尾形和優さんのラジオ番組Starting Overに出演、
シルバー・クリケッツの北中正和さんと一緒に楽しいお喋りを。
その後、名取に移動、cafe EACH TIME でCalifornia Night。
藤井和貴さん、ロケット廣瀬さんを交えながら、
シルバー・クリケッツ(北中正和&天辰保文)も、それぞれお喋りとDJを。

この間、震災で津波に襲われた閖上地区を案内していただき、その悲惨さを実感させられた。
夜は、松島海岸の宿に泊まり、翌19日、仙石線で仙台を経て新幹線で東京へ。
この仙石線も、震災の影響でしばらく運休、全線が運行できるようになったのは震災4年後の昨年5月らしい。
いろんなところで震災を感じながら、
こういう形でしか他にできることはないのだろうけれど、
新たに宿題をいただいたような、価値のある旅だったような気がする。

お世話になったみなさん、ありがとうございました。


e0077638_13321372.jpg

e0077638_13265729.jpg
e0077638_13262371.jpg







[PR]
by in-cahoots | 2016-03-20 13:45 | 音楽 | Comments(0)
明後日は、仙台で、、、California Nightを。
3月16日(水)

明後日の18日、こういうイベントで仙台にお邪魔します。
近くのかたで、宜しければ、遊びにいらしてください、、。
cafe the EACH TIMEさん、宜しく、お願いしますね。

California Night in Sendai Vol.3
3月18日(金)19:00~22:00(予定)
café the EACH TIME 宮城県名取市
3,000円(1drink+1dish付)

Silver Cricketsこと、音楽ライター北中正和さんと天辰保文さんによるDJイベント。
今回はグレン・フライを偲んでイーグルスをフィーチャーしてお贈りします!

e0077638_14164450.jpg


[PR]
by in-cahoots | 2016-03-16 14:22 | 音楽 | Comments(0)
リアノン・ギデンスに圧倒された夜
3月15日(火)

雨の日の外出は嫌いだ。
昨日のような冷たい雨の中ともなると、もう絶望的な気分になる。

それでも、勇気をふりしぼって出かけたかいがあるような、嬉しいこともある。
例えば、リアノン・ギデンス@ブルーノート東京のライヴのように。

カロライナ・チョコレート・ドロップスでの活躍、
及び、ボブ・ディランの未発表曲を完成させるプロジェクト、
ザ・ニュー・ベースメント・テイプスの『ロスト・オン・ザ・リヴァー』でも、
エルヴィス・コステロやマーカス・マムフォードらと一緒に参加した注目の人、
ソロ・アルバム『TOMORROW IS MY TURN』も素晴らしかった。

そのリアノン・ギデンスの初の来日公演だ。
音楽への、先達への敬意を惜しみなく、それでいて臆することもなく、堂々と歌い、演奏する。
志しを抱えた人のたたずまいに、歌に、圧倒される夜だった。

ライヴの前に話もうかがった。
掲載は少し先になりますが、雑誌CDジャーナルさんで。

追記
PUNCH BROTHERSの来日公演も決まったらしい。
ブルーノート東京のロビーに、その告知が、、、。

e0077638_10075082.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2016-03-15 10:21 | 音楽 | Comments(0)
「イン・マイ・ライフ」と、ジョージ・マーティン
3月14日(月)

3月8日、5人目のビートルズとも呼ばれたプロデューサー、ジョージ・マーテインが亡くなった。

1962年、ビートルズを見出し、プロデューサーとして彼らに深くかかわったことで有名だ。
ビートルズ以外にも、エルトン・ジョン、ジェフ・ベック、アメリカ等々をプロデュースした。
アメリカン・フライヤーのデビュー作も、
彼のプロデュースだった。

アメリカン・フライヤーとは、
クレイグ・フラー、エリック・カズ、スティーヴ・カッツ、ダグ・ユール、
この4人が組んだグループで、
『アメリカン・フライヤー』(76年)、『スピリット・オブ・ア・ウーマン』(77年)の2枚を残して解散した。
1枚目の『アメリカン・フライヤー』をプロデュースしたのが彼だった。
先日、その2枚のCD化に際してライナーノーツを書かせてもらったところだった。

写真は、
ジョージ・マーティンのもとにジェフ・ベックやフィル・コリンズらが集まって、
ビートルズ・ナンバーの数々をこなしたアルバム『イン・マイ・ライフ』。
最後を飾る同名曲では、
ショーン・コネリーの朗読が良い味をだしているが、
その「イン・マイ・ライフ」の歌詞を引用し、
ジョージ・マーティンは、こう記している。

「いまは亡き人、元気でいる人、みんなぼくがこの人生で愛した人たちだ」と。

改めて、ご冥福をお祈りします。

e0077638_10185849.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2016-03-14 10:46 | 音楽 | Comments(0)
あの日から5年、、。
3月11日(金)

2016年3月11日、
午後2時46分。

仕事をしばらく中断し、
重い空を支える海に、手を合わせる。

e0077638_1654291.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2016-03-11 16:57 | その他 | Comments(0)
レイ・トムリンソンさんの「@」とリック・ダンコ
3月7日(月)

3月5日、レイ・トムリンソンさんが亡くなったらしい。74才だった。
みなさんはどうか知らないけれど、
もしも、ぼくだけだったら恥ずかしいけれど、初めてきく名だ。

そして、ぼくらは、毎日のようにこの人の恩恵にあずかっているらしい。
というのも、1971年に電子メールを開発し、
送信相手の場所を示す記号として、「@」を使うと便利だと考えたのが、この人だった。
いま、メールという通信手段がなかったとしたら、、、。
ぼくは今日だけでも何度「@」を押しただろう、、、。
そう考えると、感謝しきれないなあ、と思いながら、
ご冥福をお祈りしながら、
しみじみとキーボードの「@」を眺めるのであった。

写真は、それとは関係なく、ちょうどそこにあったので一緒に撮ってみた。
リック・ダンコが残した1977年のライヴ盤で、
『ライヴ・アット・マイ・ファーザーズ・プレイス1977』という。

e0077638_23193341.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2016-03-07 23:28 | その他 | Comments(0)