<   2015年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧
今年もやります、<私の、僕のbest 3>
12月22日(火)

ぼくが主催しているサイト、In-Cahootsで毎年恒例にしている企画、
<私の、僕のbest 3>、今年もやりますよ。

新旧にかかわらず、今年1年間に出会ったアルバムを3枚あげていただき、
ちょっとしたコメントを添えて送ってください。
常連のかたも、初めてのかたも、
沢山のかたが参加してくだされば嬉しいです。
締め切りは今年いっぱいということでお願いしますね。
発表は、新年早々に。
送り先を含めて、詳細は、In-Cahootsのサイトのほうで、これまでのもありますので。

e0077638_16124561.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2015-12-22 16:17 | 音楽 | Comments(2)
鈴木慶一ミュージシャン生活45周年記念ライヴ
12月21日(月)

昨日12月20日は、
鈴木慶一ミュージシャン生活45周年記念ライブ@メルパルクTOKYOに。
Controversial Sparkからマージナル・タウン・クライヤーズ、
The Beatniks、moonriders、はちみつぱいまで。
毎日新聞に書かせていただくので、詳細には触れないが、
それにしても、素敵だったなあ、昨晩の慶一さん。

武川雅寛さんの元気な姿には、会場全体がお帰りなさいを。

写真は、はちみつぱい。
「撮ってもいいよ」との、慶一さんの声にスマホの嵐のような状態に。

e0077638_19595125.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2015-12-21 20:04 | 音楽 | Comments(2)
American SongwriterのTop 50
12月19日(土)

いろんなメディアで、
今年2015年のBest Albumが発表されていますが、
American Songwriter’s Top 50 Albums of 2015
の上位10枚を、、。
当たり前ですが、聴いたものもあれば、ないものもある。
参考までに、Chris Stapletonの映像を貼っておきますね。

1. Chris Stapleton: Traveller
2. Torres: Sprinter
3 Jason Isbell: Something More Than Free
4. Courtney Barnett: Sometimes I Sit and Think, and Sometimes I Just Sit
5. James McMurtry: Complicated Game
6. John Moreland: High on Tulsa Heat
7. Wilco: Star Wars
8. Craig Finn: Faith in the Future
9. Natalie Prass: Natalie Prass
10. Sufjan Stevens: Carrie & Lowell


[PR]
by in-cahoots | 2015-12-19 14:06 | 音楽 | Comments(0)
ニール・ヤングのブルーノート・カフェを聴く
12月17日(木)

こんなに強烈なのを、出し惜しみしていたのか、、、。
それを、いま頃になって何気なく出してくるあたりが、
如何にもと言った感じで憎めない。

ニール・ヤングのライヴ・アーカイヴ・シリーズ第7弾、
『ブルーノート・カフェ』。
1987年から88年にかけてのライヴの模様が収録されている。

e0077638_15232299.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2015-12-17 15:32 | 音楽 | Comments(2)
映画『007/スペクター』を観た
12月16日(水)

映画『007』シリーズは、初めて見て以来、大好きなシリーズだ。
中学、高校の頃は、
大人ぶり、背伸びしながら、
『ロシアより愛を込めて』や『ゴールドフィンガー』に見入ったものだった。

それは、大人になっても変わらない。
新作が公開されるごとにワクワクしながら映画館に足を運ぶ。

その最新作『007/スペクター』を観に行ってきた。
これで、シリーズ24作目、
ジェームズ・ボンド役も
初代ショーン・コネリーから、現在のダニエル・クレイグで6代目らしい。
もちろん、いちばんは、ショーン・コネリーだけど、
ダニエル・クレイグも悪くない。

情緒的すぎるというか、真面目すぎるというか、
遊び心や洒落っ気に欠けるきらいはあるものの、
これはこれで楽しく、映画の後の食事でいろんな会話が弾む。

e0077638_11555239.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2015-12-16 12:06 | 映画 | Comments(0)
DawesのAll Your Favorte BandsにCongratulation!!
12月13日(日)

12月10日付American Songwriter誌で、
今年のベスト50 Songsが発表されました。
上位10曲は以下の通り。

American Songwriter’s Top 50 Songs of 2015

1. Dawes: “All Your Favorite Bands”
2. Courtney Barnett: “Depreston”
3. Kacey Musgraves: “Dime Store Cowgirl”
4. Dave Rawlings Machine: “The Trip”
5. Ashley Monroe: “The Blade”
6. Craig Finn: “Maggie, I’ve Been Searching For Our Son”
7. Car Seat Headrest: “Something Soon”
8. The Deslondes: “The Real Deal”
9. Jessica Pratt: “Greycedes”
10. Alabama Shakes: “Don’t Wanna Fight”

こういうのに選ばれたとか、はずされたとか、別にどうでもいいのですが、
やはり、贔屓のアーティストの歌が選ばれてると、それなりに嬉しい。
というわけで、

Congatulation!!! Dawes !!!

動画貼っておきますね。


[PR]
by in-cahoots | 2015-12-13 11:13 | 音楽 | Comments(2)
ジョンの命日に、『ロックンロール』を聴く
12月9日(水)

フェイスブック等でも沢山の人が触れてたけど、
昨日、12月8日はジョン・レノンの命日だった。

あの悲報から35年が経つのかと思うと、
したくないけど、やはりしみじみとしてくる。

存命なら75歳のジョン・レノンだ。

そんなジョンに、
16歳の頃に聴いていたというロックンロールの数々を届けようと思って、
昨日は、『ロックンロール』を大きな音で聴いた。

e0077638_11304230.jpg
 
[PR]
by in-cahoots | 2015-12-09 11:33 | 音楽 | Comments(2)
ビル・ワイマンの小気味良さ
12月8日(火)

J.J.ケールばりの歌い口調も、
飾り立てない演奏も、いずれも小気味良くて。

ビル・ワイマンの新作『バック・トゥ・ベイシックス』についての、
毎日新聞での記事、
電子版でも読めるはずなので、よろしければ、、。

e0077638_10565041.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2015-12-08 11:01 | 音楽 | Comments(0)
カリナイで、アラン・トゥーサンをしのぶ
12月6日(日)

先日のClub California Night に足を運んでくださったみなさん、
ありがとうございました。
こういう機会があったら、またお会いしましょう。

ぼくは、45分ほどDJを担当、
先頃亡くなったアラン・トゥーサンをしのび、
彼が書いたり、アレンジしたり、プロデュースしたりした曲を中心に聴いていただきました。

ぼくが彼の存在を知ったのは、
1971年、ザ・バンドの『カフーツ』で、ホーン・アレンジに迎えられたのがきっかけでした。
その後、ポインター・シスターズの「イエス・ウイ・キャン・キャン」で決定的となり、
彼本人のアルバムはもちろんですが、
彼がかかわる音楽を興味深く聴きつづけてきました。

彼がそうやってかかわった音楽がどれほど多く、多岐に及んでいたか。
また、時代を超えて長く貢献し続けてきたか。

ザ・バンドの「カーニバル」、ジェリー・ガルシアの「アイル・テイク・ア・メロディ」、
ボズ・スキャッグスの「フリーダム・フォー・ザ・スタリオン」、
ヴァン・ダイク・パークスの「オカペラ」、ミーターズの「ヘイ・ポッキー・ア・ウェイ」、
マリア・マルダーの「ブリックヤード・ブルース」、
ポール・サイモンの「君のやさしさ」etc、、
好きな曲を幾つか流させていただきました。

e0077638_22305522.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2015-12-06 22:33 | 音楽 | Comments(2)
1周忌を迎えて、ボビー・キーズを聴く
12月3日(木)

この季節になると、時間に追いたてられているような気がしてくる。
とにかく、時が流れるのがあまりにはやいからだ。
(はやく感じられるだけかもしれないけど)。

ボビー・キーズが旅立ってからでも、1年が経つ。
2014年12月2日が命日だ。
キース・リチャーズの新作『クロスアイド・ハート』が遺作になったけど、
新・名盤探検隊でCD化されたばかりの『ボビー・キーズ』を聴いた。
ジョージもリンゴもいる、クラプトンもメイスンもいる。
1972年のアルバムです。

e0077638_1651563.jpg
 
[PR]
by in-cahoots | 2015-12-03 16:58 | 音楽 | Comments(2)