<   2015年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧
I'M WITH HERに刺激され、、。
10月31日(土)

先日のLIVE MAGICでのお目当ては、もちろん、I'm With Herだったわけですが、
予想にたがわぬ女性三人組だったなあ、とその余韻を楽しみつつ、
やはり、女性三人寄ると面白いなあ、
と想像の羽根は秋空を(少し曇ったりしてるけど)飛びまわるのであった。

その昔は、リンダ・ロンシュタット、ドリー・パートン、エミルー・ハリスのトリオがあった。
ブライアン・ウィルソンにジョン&ミッシェル・フィリップスの娘たちによるウィルソン・フィリップスもいた。
ノラ・ジョーンズのPUSS'N BOOTS というのも、記憶に新しい。

そして、こういう人たちもいたな、と引っ張り出したのが、
ジャズ・ベーシストの重鎮、チャーリー・ヘイデンの娘たちによるTHE HADEN TRIPLETSだ。
Tanya 、Rachel、Petraの、文字通りの三つ子(triplet)たちで、
ライ・クーダーのプロデュースで作ったのが、去年のこのアルバムだ。
ライの息子Joachimの紹介だったらしい。
e0077638_12454572.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2015-10-31 13:06 | 音楽 | Comments(4)
ジェイムス・テイラーにきいた。
10月23日(金)

先だって、
ジェイムス・テイラーにインタビューした際の記事が、
昨日の毎日新聞夕刊に掲載されました。
電子版でも読めるはずなので、よろしければ、、。

e0077638_15594711.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2015-10-23 16:07 | 音楽 | Comments(0)
ホール&オーツを観た、、。
10月22日(木)

昨晩は、ダリル・ホール&ジョン・オーツ@東京国際フォーラムを。
「Maneater」から、「Private Eyes」まで、馴染みのある曲ばかり。
会場のほとんどの人たちが、口ずさんだり、手拍子叩いたりで、幸せそうだった。
ぼくは、「Las Vegas Turnaround」、「She's Gone」、「Sara Smile」と続く3曲の流れが最高だったけど、
こういう音楽もめっきり少なくなったなあ、
いや、ぼくが知らないだけでちゃんと存在しているのかなあ、
と、いろいろ考えながら帰路に就き、
途中で一杯飲んだら、そんなこと何処かへ飛んで行って行ってしまった。

写真は、もらったものだけど、撮っても大丈夫だったようです。

e0077638_23410810.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2015-10-22 23:51 | 音楽 | Comments(5)
フロー・モリッシーを聴く
10月21日(水)

まるで、1960年代のヒッピーが、
現代に迷い込んだかのような、
自由なボヘミアンといった感じのフロー・モリッシー。
過去と未来を行き来しながら、
神秘という名のベールを重ねていく。
そんな歌を楽しませてくれる。
e0077638_10371725.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2015-10-21 10:40 | 音楽 | Comments(0)
ラグビーの熱戦に俄かファンも、、、。
10月19日(月)

後半30分過ぎに、大雨の中での、大声援の中でのスコットランドのトライ。
それも、オーストラリアのボールをインターセプトしての見事なトライ。
思わず、ソファから飛びあがってしまった。
写真も、ブレてるでしょ、、、。
結局、ノーサイドぎりぎりで再び試合はひっくり返ったものの、
すごい試合だった
オーストラリア35対スコットランド34。
俄かラグビー・ファンになって、深夜のTVに釘づけの夜でした。

e0077638_13042128.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2015-10-19 13:09 | その他 | Comments(0)
大貫妙子@ビルボードライブ東京
10月16日(金)

昨日の毎日新聞夕刊に、
大貫妙子さん@ビルボードライブ東京のライヴ評を書かせていただきました。
電子版でも読むことができると思います。
宜しければ、、。

e0077638_09562194.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2015-10-16 12:32 | 音楽 | Comments(3)
秋の夜に聴くドニー・フリッツ
10月14日(水)

秋の夜に、これほど似合うアルバムもないのではないかと思えるくらい。
ドニー・フリッツ新作『オウ・マイ・グッドネス』のことです。
先日の武蔵小山でのトークイベントでは、
アーサー・アレキサンダーも歌ってる「If It's Really Gotta Be This Way」を聴いていただいたけど、
他にも、ジェシ・ウィンチェスターの「Foolish Heart」にガスリー・トーマスの「Lay It Down」、
そしてスプナー・オールダムのピアノだけでしみじみと歌いあげる二人の共作「Oh My Goodness」と、
お酒のつまみには申し分のない風情が、、、。
ミュージシャンたちも、新旧の世代とても良いバランスで参加している。
e0077638_01155577.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2015-10-14 01:21 | 音楽 | Comments(0)
The Road To "LIVE MAGIC!"
10月12日(月)

今週の金曜日16日の夜ですが、
ピーター・バラカンさんがキュレーターをつとめるLIVE MAGIC!関連の、
こういうイベントで、リトル・フィートについてお喋りします。
もちろん、みなさんと一緒にリトル・フィートの音楽を楽しみながら、、、。
よろしければ、是非、、、。
詳細は、以下のLIVE MAGICのサイトをご参考に、、、。

The Road To "LIVE MAGIC!"開催のお知らせ
本イヴェントは、ルーツ・ミュージックの祭典”LIVE MAGIC!”への道、
ルーツ・ミュージックを彩るMusic、Artistを一夜ごとにピックアップ。
その音楽を愛するミュージック職人の語りともに、
アナログレコード盤、CD、音楽ソフトなどの音源を使い“いい音”でお贈りする、
まさしくLiveのようにGroove!するトーク&ライヴです。

10月16日(金曜日) 18:30〜20:30 予定
定員:30名
会場:東京・銀座 Blue Eyes (ブルーアイズ)
東京都中央区銀座1-20-15 前田山陽ビルB1 
TEL 03-3564-4155
※地下鉄 銀座一丁目駅 10番出口徒歩5分、東銀座駅 3番出口徒歩5分
テーマミュージック:Little Feat リトル・フィート
ミュージック職人/語り人:天辰 保文
参加費:各回とも、1,000円 税込 (ドリンク・飲食代は別途必要です)
お申し込み先:参加希望の方は、参加したい日程、希望人数を明記の上elp@elpj.jpまでメールにてご応募ください。
先着順での予約となります。
主催:The Road To “LIVE MAGIC!” ELP実行委員会
お問い合わせ:070-5549-8860
e0077638_10352502.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2015-10-12 11:01 | 音楽 | Comments(4)
秋晴れの下で、CHABOを聴く
10月7日(水)

さぁ やせっぽちのブルースで 起きろ 
も一度 起きろ 起きろ

秋空を見あげながら、
仲井戸"Chabo"麗市の久々の新作『CHABO』を聴く。

e0077638_14410791.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2015-10-07 14:43 | 音楽 | Comments(0)
キース・リチャーズを聴く
10月6日(火)

キース・リチャーズ、
この人の笑顔には老人と少年とが同居してて、いつもぼくらをワクワクさせてくれる。
『クロスアイド・ハート』も例に漏れず、、、
23年ぶりのソロ・アルバムらしい。
e0077638_14111778.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2015-10-06 14:13 | 音楽 | Comments(0)