<   2015年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧
久々に聴くジェームス・マクマトリーの歌声
7月13日(月)

久しぶりに聴くジェームス・マクマトリーの歌声だけど、少しも変わっていない。
むしろ、
歌からますます贅肉がなくなり、すっきりと強くなった気がするくらいだ。

小説家で、脚本家としても知られるラリー・マクマトリー(映画『ラスト・ショー』の原作、脚本を担当)を
父に持つシンガー・ソングライターで、
1989年、『不毛の地(Too Long In The Wasteland)』でデビュー。
そのとき、
「ジェームスはまだ26才なんだ。それなのに、人生を生き抜いたような歌を書く」と、
彼のことを表したのは、ジョン・メレンキャンプだが、
そのメレンキャンプがプロデューサーとしてかかわっていた。

あれから25年以上経つのかあ、と感慨深く、
新作『Complicated Game』を手に取ってみた。
e0077638_13111985.jpg
その新作からの「Forgtten Coast」の映像もどうぞ、、、。



[PR]
by in-cahoots | 2015-07-13 13:24 | 音楽 | Comments(0)
ホセ・フェリシアーノの魂の歌声とギターを再び。
7月8日(水)

昨年秋のライヴの興奮もまだ冷めやらぬというのに、
来週、再び、ホセ・フェリシアーノの来日公演@ブルーノート東京が、、、。
哀感漂う歌声に、情熱がほとばしるギターの指さばき。
ぼくも、来日に寄せて簡単なコメントを書かせていただきました。

写真は、ブルーノート東京から拝借しました。
e0077638_16345228.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2015-07-09 00:34 | 音楽 | Comments(0)
雨の日に聴く、サイラス・ファーヤー
7月6日(月)

気が重くなるような、
雨の日が続くものだから、
サイラス・ファーヤーを取り出してみた。
ハワイで、ビーチ・ハウスに座って書いた歌の数々を収めた、その名も『アイランズ』。
フレッド・ニールの「ドルフインズ」や
ニルソンの「パラダイス」も加えて、
ゆったりと、豊かな時間をもたらしてくれる。

1973年のアルバムで、
先ごろ、新・名盤探検隊で再発されたばかりでもある。
e0077638_00272991.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2015-07-07 00:35 | 音楽 | Comments(0)
Dr.ロニー・スミスを体験する快感、、、。
7月4日(土)

過日、ジャズのオルガン奏者、Dr.ロニー・スミスブルーノート東京で。
ルー・ドナルドソンとの仕事でも知られ、
その筋では生きる伝説の一人だが、
なかなかどうして食わせ者というか、
最近、こういういかがわしさを楽しませてくれる人、
騙される快感を味わわせてくれる人もいなくなったので、楽しいひと時だった。
もちろん、それには、確たる技が備わっていることを忘れてはいけないのだけど、、、。

この夜は、梅雨ならではの、鬱陶しくて重い気持ちが、
少し軽くなった。
e0077638_14170249.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2015-07-04 14:41 | 音楽 | Comments(0)