<   2015年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧
オリビア・チェイニーの、静かで、激しさを秘めた歌声。
6月30日(火)

愛する男性が他の女性と結ばれる。
そのときの辛くて悲しい歌をつづっている。

「わたしを深く墓に埋めて下さい。そして花で覆って下さい。
わたしは永い眠りにつき、彼のことを忘れることができるかもしれない」と。
「フォルス・ブライド」という古い民謡だ。

17世紀のスコットランドに遡るとも言われるが、
その後、イアン・マッコールやA.L.ロイドなどによって、
英国やアイルランド周辺で歌いつがれてきた。
サンディ・デニーも吹き込んだ。

それを、オリビア・チェイニーも歌っている。
デビュー・アルバム『The Longest River』の一曲目で、、、。

この英国で評判の女性シンガー・ソングライターの歌を聴いていると、
ピアノやチェロの生楽器が奏でるからと言って、
静かで、美しい音楽だからと言って、
それが過激ではない、などとは決して言えないことを改めて知る。
e0077638_17282223.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2015-06-30 17:31 | 音楽 | Comments(0)
高橋幸宏がドラマーに徹した姿を追って、LOVE PSYCHEDELICOを名古屋で観る。
6月28日(日) 

ロックが好きで、ロックに憧れ、
ロックについてなら幾らでも語り合えるけれど、
と同時に、ロックのことだけには頑(かたくな)に我が儘で、、。

サポートメンバーのCurly Giraffe(高桑圭)や堀江博久を含めて、
そういう男の子、女の子が、
自分たちが抱く一つのロックの姿というか、
絵のようなものをステージの上で共有しているようにも見えた。
しかも、高橋幸宏というドラマーを迎えて、
新しい刺激を受けながらいちだんと楽しそうに。
だから、バンドとしてのたたずまいがロックだった。

今回、幸宏さんがドラマーに徹して参加しているということで、
6月26日、名古屋@Zepp Nagoyaまで足を運み、
初めてみたLOVE PSYCHEDELICOは、
そんな風にぼくには映った。

e0077638_13315989.jpg


[PR]
by in-cahoots | 2015-06-28 14:06 | 音楽 | Comments(0)
天辰保文、ジェイムス・テイラーを語るイベント、無事に終えることが出来ました。
6月23日(火)

PET SOUNDS RECORD presents“天辰保文 Talking Man Vol.1”
ジェイムス・テイラー特集@Live Cafe Again

昨日、無事に終えることが出来ました。
足を運んでくださったみなさん、ありがとうございました。

企画から進行まで担当して下さった森陽馬さん、
お店の石川茂樹さん、
お疲れさまでした、そしてありがとうございました。

楽しかったですね、また、やりましょう。
e0077638_11593261.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2015-06-23 12:10 | 音楽 | Comments(0)
天辰保文 ジェイムス・テイラーを語る、いよいよ明日6月22日(月)です
6月21日(日)

PET SOUNDS RECORD presents
“天辰保文 Talking Man Vol.1”ジェイムス・テイラー特集
いよいよ、明日になりました。
新作『ビフォア・ディス・ワールド』を含めて、
ジェイムス・テイラーの音楽をご一緒に楽しみましょう。
宜しければ、気軽に遊びにいらしてください。
お待ちしています。

改めて、お店の告知貼っておきますね。
PET SOUNDS RECORD企画による新トーク・イベント。
音楽評論家、天辰保文さんをお迎えしてミュージシャンの魅力を存分に語っていただきます。
第一回は6月17日久々に新作を発表するジェイムス・テイラーを特集。
天辰保文さんの音楽愛伝わるジェイムス・テイラー話、お楽しみください。

出演:天辰保文、森陽馬
6月22日(月)Open:18:30 / Start:19:30
入場料:1500円
@Live Cafe Again


〒142-0062 品川区小山3-27-3 ペットサウンズ・ビル B1F
イベント予約受付TEL:03(5879)2251

写真は、森さんが用意して下さったリーフレットetc.
e0077638_12384576.jpg


[PR]
by in-cahoots | 2015-06-21 13:15 | 音楽 | Comments(0)
大貫妙子と小松亮太の『Tint』
6月19日(金)

Tint
とは、色あいとか、濃淡とかを意味する言葉だ。
大貫妙子さんと小松亮太さんが、
15年の親交を実らせたアルバムには、
そんな素敵な言葉がつけられている。
お二人の個性が、気負わず、品よく重なり合いながら描く世界を、
静かに、目を閉じながら味わう。
こういうのを贅沢な時間というのだ。
e0077638_00322460.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2015-06-19 00:40 | 音楽 | Comments(0)
選挙権年齢が、「18歳以上に」
6月17日(水) 

選挙権年齢を「20歳以上」から「18歳以上」に引き下げる選挙法が、参院本会議で可決、成立したらしい。
来年夏の参院選挙から、18、19歳も投票できるようになる。
こうして、年齢が引き下げられるのは、
1945年、「25歳以上」から「20歳以上」に引き下げられて以来70年ぶりとなるらしい。
これで、有権者は240万人ほど増えると、記事は伝えている。
賛否両論、いろいろあるらしいが、
新たに有権者となる若い人たちには、
選挙に参加し、その1票を大切に使って欲しいと思う。

e0077638_22045331.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2015-06-17 22:14 | その他 | Comments(0)
タウンズ・ヴァン・ザントの「フライン・シューズ」
6月15日(火)

新聞やテレビでは、
豪雨や突風の被害にあわれた方たちのニュースを、
日本年金機構の情報流出の罪深さを、
憲法学者たちが安保法案撤回を訴えるニュースを、、、。

蒸し暑い天気に、久々に取り出してみた。
近年、ルーマーという女性シンガーが取り上げていた切ない歌だ。

毎日雨ばかり、空がまた垂れ下がってくる。
ああ、うんざりだなあ、鬱陶しいなあ。
変わり映えしない古いブルースに、変わり映えしない歌。
もうすぐ、ぼくは、空飛ぶシューズを履いてみるんだ。

タウンズ・ヴァン・ザント、「フライン・シューズ」。
e0077638_13175737.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2015-06-16 13:21 | 音楽 | Comments(0)
ロックを大きな音で、みなさんと聴く@伊勢丹OTOMANA
6月15日(月)

先週末は、伊勢丹OTOMANA「いい音楽学」講座@伊勢丹会館で講師を。
熱心な音楽ファンの方たちを前にロックについて語り、
みなさんと一緒に大きな音で聴いてきました。
それも、アナログ・コレードを、レーザー・ターンテーブルで。
音が良いのはもちろんですが、
やはり、みなさんと一緒に大きな音で聴くロックは格別です。
e0077638_14321398.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2015-06-15 14:59 | 音楽 | Comments(2)
仲井戸'CHABO'麗市の45周年
6月12日(金)

昨日6月11日付、毎日新聞・夕刊、

仲井戸'CHABO'麗市さんのインタビュー記事です。

45周年を迎えての心境を語っていただきました。
電子版でも読めると思いますので、宜しければ、、。
e0077638_17124392.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2015-06-12 17:16 | 音楽 | Comments(3)
JDサウザーと、新作『テンダネス』について。
6月10日(水)

昨日は、六本木でJ.D.サウザーにインタビューを。
新作『テンダネス』にまつわる話をいろいろと。
雑誌『CDジャーナル』の7月発売号に掲載予定。
アルバムのほうは、
こういうことをずっとやりたかったんだろうなと思えるような素敵な内容でした。
e0077638_10265933.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2015-06-10 10:31 | 音楽 | Comments(0)