<   2013年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧
シュレルズの「ウィル・ユー・ラヴ・ミー・トゥモロウ」、、、。
3月30日(土)

キャロル・キングにとって、初めての全米ナンバーワン・ヒットは、
ソングライターとして曲を提供したシュレルズの「ウィル・ユー・ラヴ・ミー・トゥモロウ」だ。
夫ジェリー・ゴフィンとの共作で、
1961年1月30日のビルボードの全米チャートで1位になっている。
ガールズ・グループ、つまり、女性ばかりのボーカル・グループとしても、初の全米1位だった。
『キャロル・キング自伝』の中の彼女の言葉を借りれば、
「十代の女の子の不安、、、、一生に一度のご褒美を彼氏に捧げてしまうともう愛してくれなくなるかもしれないという心境を雄弁に表現した」、
この曲について、
当時、多くの人が、詞は彼女が書いたものだと誤解していたらしい。
ぼくも、その昔、そのひとりだった。
このソングライター・チームでは、
実は、キャロル・キングが作曲で、夫ジェリー・ゴフィンが作詞を担当、
というのを知ったのは、随分あとになってからだ。

この曲では、ストリングスが効果的に使われているが、これも、彼女がやった。
ドリフターズの「ゼア・ゴーズ・マイ・ベイビー」でのストリングスの使い方を参考にして、
レコーディング当日の明け方までかかって書いたらしい。
このとき、彼女は18才、
娘ルイーズの寝顔を見ながらベッドにもぐりこんだと自伝に記している。

『Will You Love Me Tomorrow~The Girl Groups Of The 50s & 60s 』は、
そのシュレルズの「ウィル・ユー・ラヴ・ミー・トゥモロウ」を含めて、
マーヴェレッツの「プリーズ・ミスター・ポストマン」、シャンテルズの「メイビー」、
パリス・シスターズの「アイ・ラヴ・ハウ・ユー・ラヴ・ミー」etc、
1950年代、60年代のガールズ・グループたちの曲が50曲収録されている。
改めて聴いていると、
当時、音楽的にいろんな冒険が試みられているのがわかって思白い。

それにしても、
最近のAmazonの廉価盤シリーズって、いいのかなあ、と思うくらいに安くて、、、。
これも、そんな1枚、、、。

e0077638_13594560.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2013-03-30 14:34 | 音楽 | Comments(2)
ピンク・マルティーニと由紀さおり
3月29日(金)

バタバタしている間にもう一週間が過ぎようとしている。
はやいですねえ。
あきれるくらいにはやい。
先週の日曜日3月24日は、
東急シアターオーブでJAZZ WEEK TOKYO 2013でのピンク・マルティーニのコンサートを観て、
その終了後、ゲストで出演なさっていた由紀さおりさんの取材。

アルバム『1969』で、すっかり時の人となった感じだが、
この日は、新作『スマイル』についての話をうかがった。
松尾潔プロデュース、川口大輔アレンジ、、、若手と組んで、いろんな歌に挑戦なさっている。

e0077638_1402239.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2013-03-29 14:05 | 音楽 | Comments(0)
キャロル・キング自伝
3月24日(日)

耳鼻科に通い続けてそろそろ2カ月になるだろうか。
季節柄、その病院が混んでいて、ひどいときは2時間近く待たされる。
一昨日は、青山で、
ピンク・マルティーニのトーマス・ローダーデールにインタビューした帰りに、耳鼻科へ。

そうやって病院が混んでいるときのためにと、
このところ持ち歩いているのが、
『キャロル・キング自伝ナチュラル・ウーマン』(松田ようこ訳・河出書房新社)だ。
随分前に送っていただいていたのに、
このところバタバタが続いて読めずにいた。
ページをめくるたびに新しい発見というか、史実が飛び出してくる。
その発見を一つでも多く積み重ねたくて先に進みたいが、
一気に読み終えるのが勿体ないというか、
キャロル・キングに申し訳ないというか、
ずっと読み続けていたいのでゆっくりと、、、、というのもあって、
複雑な思いをも楽しみながらページをめくっている。

e0077638_1018211.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2013-03-24 10:26 | 書籍 | Comments(0)
エリック・クラプトンの『オールド・ソック』に、春が膨らんでいく
3月20日(水)

エリック・クラプトンの新作『オールド・ソック』。
ジャケットからして、ニヤケていて、いやはや、、、だ。
でもって、「ファーザー・オン・ダウン・ザ・ロード」を、
作者の一人タジ・マハルのハーモニカ&バンジョーを交えながら、
本当に気持ちよさそうに始める。
ジェシ・エド・デイヴィスの『ウルル』でもお馴染みの曲ですね。
続く、「エンジェル」では、作者のJ.J.ケールをギターに迎えて、
クラプトンは、美味しそうにそれを頬張っている感じ、、、。

99%は力を抜いてもいい、肝心な1%だけ、押さえておけばいい。
ただし、その抑えどころをきちんととらえられるかどうか、
そこが、我々のような凡人と、天才というか、大スターとの違いなんでしょうが、
そこをちゃんと押さえているのが、クラプトンという人だ。
別に彼が、ここで99%、力を抜いてるわけではありませんが、、、。

このアルバムを聴くたびに、心の中の春が少しずつ膨らんでいく。

そう言えば、今日は春分の日、
暑さ寒さも彼岸まで、と言われるように、
寒さも峠をこしてこれからは過ごしやすくなる、、、、といいのだけど、。
お昼には、世間の人たちと同じく、墓参りに。

e0077638_17543670.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2013-03-20 18:14 | 音楽 | Comments(6)
春がきた、、、。
3月18日(月)

春がきた、、、のかな、、、。
近くの公園では、、、河津桜が。

e0077638_14134564.jpg


この週末は、家族連れで賑わってました。

e0077638_14143787.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2013-03-18 14:17 | その他 | Comments(0)
ボズ・スキャッグスの『メンフィス』に、お酒も進む
3月15日(金)

「いいですねえ、、、、御同輩」と。
たまには、ただそれだけで、
あれやこれやと言葉の要らないアルバムもある。

ボズ・スキャッグスの新作『メンフィス』を聴いて。

e0077638_1132434.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2013-03-15 11:33 | 音楽 | Comments(0)
ポール・ブレイディの豊かな歌
3月13日(水)

先日、ポール・ブレイディをみに吉祥寺のStar Pine's Cafeへ。
すっきりとしているのに、
この人の歌声が含む感情の強さ、情景の豊かさはいったいなんだろう、と思う。
積み重ねてきたものの大きさ、深さが、
並みの人とは違うということだろうか。
山口洋の、控えめながらも息の合ったサポートも光っていた。

e0077638_949178.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2013-03-13 09:53 | 音楽 | Comments(2)
あれから2年、、、。
3月11日(月)

海沿いの新しい橋を車が行き交い、
公園では、僅かとは言え子供たちが走り回っている。
授業を終えたのか、高校生たちが数人バス亭で喋っている。
いつもと変わらぬ午後の風景、、、。
それでも、
午後2時46分。
工事現場で働くかたがたが、いったん手を止めて集まり、
海に向かって黙祷、、、。
申し訳ないがこちらは、ベランダで、、、。
東日本大震災から2年、2013年3月11日の午後。

e0077638_15185151.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2013-03-12 15:40 | その他 | Comments(0)
トリヨの『愛と平和のリディム』
3月9日(土)

風をかき混ぜろ
時間を動かせ
風をいっぱいに含んだ帆が前へ進む

(「最終的な判断/大野修平訳」)

ラップと変わらぬ早口でまくしたてる。
レゲエにアラブ音楽、ハワイアンにアフリカン、メキシカン・ワルツetc。
地球の大きな丸い表面に散らばって、力強く咲く雑草のような音楽、、、。
ピーター・ゲイブリエル所有のリアル・ワールド・スタジオでのレコーディングだそうだ。
フランスのグループ、Tryo(トリヨ)の『愛と平和のリディム』を聴いたので、
今日は、ツンと胸を張って出かけよう。

e0077638_13483828.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2013-03-09 13:51 | 音楽 | Comments(0)
グレゴリー・ポーターの未来への歌声
3月7日(木)

昨晩は、
ブルーノート東京で、グレゴリー・ポーターを。
カリフォルニア出身の、若手気鋭のジャズ・シンガーということで評判の人だ。
先ごろも、
『ジュールズ・ホランド・アンド・ヒズ・リズム&ブルース・オーケストラ/ゴールデン・エイジ・オブ・ソング』の中で、パロマ・フェイス、ルーマー、パオロ・ヌティーニ、エイミー・ワインハウス&ポール・ウェラー等々と、
その歌声が披露されたばかり。

温か味があって、その存在感のある歌声も印象的だったが、
ソウル・ミュージックとも精神を分かち合っているというか、
ジャズ・シンガーで縛るのはもったいないような人だった。

ドン・ウォズが、ブルーノートの社長になるきっかけをつくったことでも話題らしい。
ドン・ウォズが、
友人のキャピトル・レコード(ブルーノートを傘下に持つ)の社長との食事の席で、
彼を契約すべきだよ、と薦めたところ、
「だったら、きみが社長になって契約しろよ」ということになったらしい。

そう言えば、
これに似たようなエピソードが、昔にもあったことを思い出した。
ジャクソン・ブラウンを、
アトランティック・レコードに売り込みにいったデヴィッド・ゲフィンが、
当時のアトランティックの社長アーメット・アーティガンに、
「だったらきみがレコード会社を始めて、彼をデビューさせろよ」と言われる。
そうやって、アサイラム・レコードをスタートさせる、という、あのいきさつ。

まっ、正確には異なるけど、、、。
優れた才能は、それに惚れ込んだ人の未来をも変えるということで、、、、。

e0077638_16105024.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2013-03-07 16:24 | 音楽 | Comments(0)