<   2010年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧
音楽がいっぱい
8月29日(日)

外房の海は、大きな空と仲が良い。
こういう日の
夕暮れには、
気持ちのいい音楽がそこいら中に流れている。
e0077638_042417.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2010-08-31 00:46 | その他 | Comments(2)
歩数計を見ながら、植草甚一を考える
8月28日(土)

この種の趣味的大食漢は、早かれ遅かれ知的糖尿病になるものだ。
しかし、植草甚一は、そんなふうにはならなかった。
頑迷にも固陋にもならず、またひからびたり、涸渇したりもしなかった。
いつも永遠の青年のような好奇心をもち、軽い足どりで街を歩き、
一人で、一人の存在でもって、二度とくり返されない人生を、あざやかに生きた。
だからこそ、誰もがひそかに思ったわけだ。
「トシをとったら植草甚一になろう!」

池内紀著『作家の生きかた』

若い頃は、ぼくも憧れたものだった。
雑学といわれる膨大な知識に、そしてそれらへの軽やかな扱いかたに。

植草さんが、
いま生きていらしたら
インターネットのこの時代、
どういう形で情報と向き合っていただろうか。
この暑い夏の日、どうやって街を歩いていただろうか。

今日も大きな態度でふんぞる青空を見上げながら、
ふと、腰の歩数計をのぞいてみた。
629という数字があった。
友人知人、誰もが、出来れば10000歩、最低でも6000歩、と言ってるのに。
629歩、うーーーーん。
e0077638_051369.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2010-08-29 00:56 | 書籍 | Comments(4)
ジョージ・デヴィッド・ワイス、死去
8月26日(木)

木々は緑に、薔薇は赤く、
ぼくときみのために咲き誇っている。
そして、ぼくはひとりつぶやく、
なんて素晴らしい世界なんだ、と。

ルイ・アームストロングが歌う
「この素晴らしき世界 What A Wonderful World」

賢者は言う、愚か者だけが慌てるのだ、と。
でも、ぼくは、
きみのことが好きにならずにいられない。

エルヴィス・プレスリーが歌う
「好きにならずにいられない Can't Help Falling In Love」

この二つの曲にかかわった作者のひとり、
ジョージ・デヴィッド・ワイスが
8月23日、ニュージャージー州の自宅で亡くなったらしい。
89才、老衰だったという。

ただ、ただ、感謝。
こんなに素敵な贈りものをくれたことに。

e0077638_1023748.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2010-08-26 10:27 | 音楽 | Comments(4)
ジャネット・クラインの歌声が、時を越えて。
8月25日(水)

チリ北部の鉱山の落盤事故から17日、
地下700メートルの避難所に閉じこめられているとは言え、
行方不明になっていた人たち33名の
生存が確認されたという。
救出には数ヶ月かかるらしいが、
物資の補給に加えて、
地上との会話も交わせるようになった。

毎日新聞の「余録」は、
「どんな深い地下でも人の思いは通い、希望は人を生かす」と記す。

深い地下からではないが、
こちらは、
遠く時の壁を越えてきこえてくる声とでも言ったところか。
ジャネット・クラインの新作『ウーピー・ヘイ!ヘイ!ソングス・トゥ・チアー』。
例によって、
舞台は1920年代、30年代のアメリカ、
大恐慌を背景に流れていた音楽の数々を現代に甦らせる。
禁酒法を含めて、
世の中、つまらないことばかり、
だからこそというか、
夜を徹して賑やかに楽しもうとする。
そんな人たちの悲喜こもごもがこぼれてきて、
いまの世の中と重ねてみると、
郷愁などと一言では片づけられないような気も。

もちろん、
深刻ぶったりして、野暮を気取られるようなところはない。
いつものように、
パーラー・ボーイズのおじさんたちを従えて
ジャネットはチャーミングに歌を弾ませてくれています。
e0077638_10142036.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2010-08-25 10:23 | 音楽 | Comments(0)
処暑に、pupaで夢をみる
8月23日(月)

二十四節気のひとつで、
暑さが落ち着く時期とされる処暑。
にもかかわらず、今年9日目の猛暑日だったらしい。
最多記録は95年の13日という。
その記録を変えるのも、
時間の問題かもしれませんねえ。

そんな日は、
Pupaの新作『dreaming pupa』を聴きながら過ごす。
とても素敵です。
救われるような気がします。
アルバムに寄せて、ちょっとした文を書かせていただきました。
e0077638_926371.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2010-08-24 09:44 | その他 | Comments(0)
小さな夏休み
8月22日(日)

週末を利用して小さな夏休み。
日盛りをすぎた海でのんびりしたり、
友人たちとバーベキューをしたり、
みんなで水族館に行ったり。
e0077638_642072.jpg


ふり返ってみれば、
相も変わぬ小さな夏休み、
でも、まあ、
これで良し。
e0077638_641259.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2010-08-23 06:47 | その他 | Comments(2)
さあ、準備はいいかい、ダンシング・イン・ザ・ストリート
8月20日(金)

世界中に呼びかける、
さあ、新しいリズムを受け入れる準備はいいかい、と。
夏、季節もバッチリだ。
通りで踊り出すには、申しぶんない。
シカゴで踊ってる、ニューオーリンズでだって。
ニューヨークでも。

誰もが音楽を求めている、ご機嫌な音楽を。
ありとあらゆるところに音楽があふれ出す。
ありとあらゆるところが笑顔と歌声で満たされる。
「ダンシン・イン・ザ・ストリート」
e0077638_9503877.jpg


もちろん、
オリジナルはマーサ&ザ・ヴァンデラスだが、
(この頃のモータウンは、本当に凄いね)
ミック・ジャガー&デヴィッド・ボウイのも、
やっつけ仕事のようなところが却って胸を躍らせる。
大人が、それも大の人気スター二人が
まるで男の子に戻ったかのように歌い、踊っているからだ。

グレイトフル・デッドのも、当たり前のように楽しかった。
ヴァン・ヘイレンのも、「オー・プリティ・ウーマン」の影に隠れちゃったけど、
悪くなかった。
フィル・コリンズも新作『ゴーイング・バック』の中で楽しそうに歌っている。
仲井戸麗市も、ライヴで歌っている。
キンクスにラムゼイ・ルイスに。
e0077638_9494914.jpg


そして、ママス&パパスのも、ぼくは大好きだった。
モンタレー・ポップ・フェスティヴァルでは、
この歌にあわせてみんなが楽しそうだった。
そう言えば、
もう過ぎちゃったけど、
7月29日は、ママ・キャスことキャス・エリオットの命日だった。
60年代から70年代にかけて、
とても重要な役割をはたした女性だが、
亡くなってから
もう36年が経つんですね。
e0077638_9515735.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2010-08-20 10:03 | 音楽 | Comments(4)
クレア&ザ・リーズンズ
8月18日(水)

銀座で打ち合わせを済ませ、
その後、
Cotton Clubで
クレア&ザ・リーズンズを。

猛暑の中、
その歌声に、
少し幸せをいただいた。
e0077638_9355825.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2010-08-19 09:34 | 音楽 | Comments(0)
パンチ・ブラザーズにサラ・ワトキンスにクルックド・スティルにーー。
8月17日(火)

先日取り上げた
パンチ・ブラザーズのクリス・シーリー繋がりで、
最近の愛聴盤の何枚かを。
e0077638_7553520.jpg

まずは、
クリスがニッケル・クリークで一緒だった
サラ・ワトキンスのソロ・アルバム『Sara Watkins(サラ・ワトキンス)』。
こちらは、ポップな彼女の持ち味が生きていて、
もちろん、クリス・シーリーも参加している。
e0077638_7454326.jpg


そのサラ・ワトキンスのアルバムで、
彼女と一緒に歌っていたのが、
イーファ・オ・ドノヴァンだ。

イーファは、涼しげな歌声が魅力の、アイリッシュ系の女性シンガーで、
クルックド・スティルの看板として活動している。
このクルックド・スティルの新作は、
『Some Strange Country(サム・ストレンジ・カントリー)』という。
バンジョーやフィドルやチェロといった楽器を奔放に使いながら、
ブルーグラスというか、ルーツ・ミュージック周辺に、
またひとつ新しい景色を運び込んでくれている。
『サム・ストレンジ・カントリー』では、
古いトラディショナル・ソングなどに交えて、
ローリング・ストーンズの「ユー・ゴット・ザ・シルヴァー」を取り上げていたりする。
e0077638_7263046.jpg

e0077638_7591896.jpg

バンジョーのグレッグ・リストは、
ブルース・スプリングスティーンのザ・シーガー・セッションズ・ツアーに引っ張りだされていたので、記憶のあるかたもいるかもしれない。

それで、クリス・シーリーとの繋がりだが、
You Tubeには、
クリス・シーリーとイーファ・オ・ドノヴァンが、
ボブ・ディランの「フェアウェル・アンジェリーナ」をデュエットしている映像がある。

時間があるかたは、
ついでに、You Tubeで、
クリス・シーリーのパンチ・ブラザーズが、
ザ・バンドの「オフェリア」を演奏する映像もどうぞ。

ディアークス・ベントレーの新作『Up On The Ridge(アップ・オン・ザ・リッジ)』にも、
クリス・シーリーを含めてパンチ・ブラザーズのメンバーたちが参加している。
e0077638_7534542.jpg


志の高い若い人たちが
いろいろ交流を広げながら新しい景色を次々と届けてくれていて、
面白そうですね。
誰か、このあたりの動きをまとめて紹介してくれないかなあ。
[PR]
by in-cahoots | 2010-08-18 08:04 | 音楽 | Comments(0)
ありがとう、リチャード・ヘイワード
8月16日(月)

リトル・フィートのリチャード・ヘイワードが
8月12日に肝臓ガンで死去していたらしい。
リトル・フィートの前身、
ザ・ファクトリー時代からメンバーだった人だ。

ザ・ファクトリーへは、
フリーペーパーでのメンバー募集の告知をみて参加した。
そのときの告知には、
ドラマーを求む、
ただし、フリーキーであること、
とあったらしい。
e0077638_33846100.jpg

デビュー・アルバム『リトル・フィート』の写真からして、
(左で帽子かぶってるのがリチャード・ヘイワードですね)
その条件に申し分なかったように思う。
ローウェル・ジョージを筆頭にみんなそんな感じだったけど。
ともあれ、
リトル・フィートの強靱なリズムを支える大切な人だった。
e0077638_3353637.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2010-08-17 03:50 | 音楽 | Comments(4)