<   2010年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧
キャロライン・ノー/ビーチ・ボーイズ
2月23日(火)

ねえ、あの長い髪はどうしちゃったの
ぼくが知ってた女のコは
いったい何処へ行っちゃったんだい
ああ、キャロライン、そんなことってないよ

「キャロライン・ノー/ビーチ・ボーイズ」
e0077638_10383971.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2010-02-24 10:40 | 音楽 | Comments(3)
北国の少女/ボブ・ディラン
2月22日(月)

旅の途中で北国の祭りに行くようなことがあったら、
国境に風が吹きつけるだろうけれど、
そこに住む人によろしく伝えて欲しい
彼女はぼくの大切な恋人だったんだ。

彼女がちゃんと暖かいコートを着ているか
激しい風にさらされていないか、
みてきて欲しい。

いまも長い髪はそのままか、
ぼくに教えて欲しい。

「北国の少女/ボブ・ディラン」


e0077638_252114.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2010-02-23 02:57 | 音楽 | Comments(0)
ピーター・ゲイブリエルが、ニール・ヤングを、レディオヘッドを歌う
2月18日(木)

ピーター・ゲイブリエルの歌を久々に聴いた。
カヴァー・アルバムだ。
デヴィッド・ボウイにルー・リード、
ポール・サイモンにランディ・ニューマン、
ニール・ヤングにレディオヘッド、
アーケイド・ファイアにマグネティック・フィールズと、
彼らしいと言えば、彼らしい曲を選び、
ギターとドラムなしという縛りを課して歌っている。
静かな熱意を漲らせながら。
若い人の中では、
レジーナ・スペクターのもあった。
先頃、新作『ファー』が日本でも発売されたばかりの、
ロシア出身の女性シンガー・ソングライターだ。

アルバムのタイトルは、
『スクラッチ・マイ・バック』。
背中をかいてくれ、という意味らしい。
彼は、解説の中でこう説明している。
君はぼくの曲をひとつやってくれ、そうしたらぼくも君の曲をやろう、と。
つまり、曲の交換ということで、
単なるカヴァー・アルバムではないのだと。
次は、こういった曲の作者たちが、
彼の曲をカヴァーするらしい。

理屈っぽいところも含めて、
彼らしいアルバムだと思う。
e0077638_10271324.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2010-02-19 10:43 | 音楽 | Comments(0)
Joyful Noiseへ感謝
2月13日(土)

Joyful Noise@Li-Po 
無事に終えることが出来ました。
寒さに加えて小雨降る悪天候、
にもかかわらず、
足を運んでいただいたみなさん、
本当に有り難うございました。
次回、またお会いしましょう。

e0077638_10113937.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2010-02-15 01:29 | その他 | Comments(4)
今週末はJoyful Noise、そしてもうひとつ告知を。
2月8日(月)

今週末は、トークイベント、Joyful Noise@渋谷LiーPoです。
<祝!来日!キャロル・キング&ジェイムス・テイラー、そしてその仲間たち>
彼らの音楽を、映像を一緒に楽しもうという集まりです。
宜しければ、遊びにきてくださいね。
初めてのかたも大歓迎です。
天辰のお喋りの相手は、市川誠さん。

期日:2010年2月13日(土)
時間:開場7:00pm ,開演7:30pm
会場:渋谷Li-Po 渋谷区渋谷3-20-12-2F
Tel/Fax 03-6661-2200
参加費:1000円(ワンドリンク付)
e0077638_12222585.jpg


それから、もうひとつ、告知をさせてください。
来月3月17日(水)に、
小尾隆さんと一緒に、
パブ・ロックを楽しもうという集まりをやることになりました。
場所は、お茶の水のWoodstock Cafe
小尾さんとのお喋りを交えながら、
パブ・ロックの楽しさをご一緒に。
こちらも、宜しければ遊びにきてください。
以下、詳細を。
小尾隆さんのブログ
Woodstock Cafeさんのサイト
小さなお店なので、予約をしたほうがいいかもしれません。
e0077638_12191050.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2010-02-09 12:32 | 音楽 | Comments(4)
風を切って颯爽と、マラソン大会
2月7日(日)

天気は良いが、風が激しい。
それでも、寒風を切って颯爽と走る。
(ぼくじゃなく、沢山の人が)。
本日は、我が町の市民マラソン大会、
3キロ、10キロ、ハーフマラソンと、
あわせて7000人以上の人が走ったらしい。
せめてと、
我が家のそばの沿道から声援を。
思い思いの恰好で走るみなさんの姿をみていると、
いいなあ、
来年こそは出場して走るぞ、と、
毎年思うのですが、なかなかーー。

ゲストランナーとして
有森裕子さんも走ったそうだ。
そう言えば、
その有森さんを育てた小出義雄監督の言葉が
毎日新聞の朝刊で紹介されていた。
「牛乳を飲む人より、牛乳を配る人のほうがよっぽど元気だ」と。
e0077638_1132598.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2010-02-08 01:18 | その他 | Comments(2)
ベン・シドランに、ディランが踊る
2月2日(火)

昨夜は、珍しく関東地方に大雪注意報。
グラミー賞授賞式の再放送をつまみ食いして、
窓の外を見たらすっかり雪景色に変わっていた。

写真は、ベン・シドランの『Dylan Different』。
In-Cahootsの2009年のBEST3で、
Little Rascalさんがあげていた1枚、早速、アマゾンしました。
文字通り、ボブ・ディランの作品を集めたもので、
「エヴリシング・イズ・ブロークン」、「追憶のハイウェイ61」、「ブルーにこんがらがって」、
「やせっぽちのバラード」、「マギーズ・ファーム」、「ガッタ・サーヴ・サムバディ」、
「風に吹かれて」等々を、
例のグルーブでたっぷりと。
独特の振幅の中で、ディランの言葉たちが泳いでいる感覚がなんとも楽しい。

息子のリオやジョージィ・フェイムあたりに加えて、
『モーターサイクル・ダイアリーズ』のホルヘ・ドレクスレル、
スペイン人女優のレオノール・ワトリングが、
「天国への階段」を歌っていたりもする。
生まれて間もない子供ルカの声も交えながら。
e0077638_12422752.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2010-02-03 12:47 | 音楽 | Comments(0)
スコット・ボイヤーにインタビュー
2月1日(月)

随分時間が経ってしまいましたが、
昨年秋、
ドニー・フリッツと一緒に来日したスコット・ボイヤーのインタビューを
In-Cahootsに掲載することができました。
インタビュー企画としては、
菅野ヘッケルさん以来4年半ぶりの更新です。
以下でご覧になって下さい。
In-Cahoots~Long May You Run

ライヴの写真は、
渡辺真也さんが提供して下さいました。
これを機に、
少しずつでも、
インタビュー、増やしていければいいのですが。
e0077638_17203862.jpg

photo by shinya watanabe
[PR]
by in-cahoots | 2010-02-01 17:31 | 音楽 | Comments(2)