ウォルター・ベッカーに、ありがとう、、を!!!
9月17日(日)

スティーリー・ダンのウォルター・ベッカーが、旅立った。
9月3日のことだ。67才だった。
最初のソロ・アルバム『11の心象』のときだから、1994年だったと思う。
取材で、ハワイのマウイ島にある彼の自宅を訪れたことがある。
海が見下ろせる山の中で、スタジオが併設してあった。
そのときの様子は、当時のライナーノートにも書かせてもらっている。
随分経つので、記憶に間違いがあるかもしれないけれど、
それでも、印象深く思い出されるのは、
トイレを借りると、あろうことか便座のそばの壁にゴールドディスクが飾ってあったことだ。
その光景が、なんともシュールというか、彼らしいな、、、と。

いっぽうでは、幼い息子さんのことを話すときは嬉しそうで、何処にでもいる普通の父親だった。
『11の心象』とタイトルにあるにもかかわらず、
アルバムの最後に、12曲目として、「愛しのカワイ」という曲が収まっていた。
カワイとは、その息子さんの名だ。
腕白盛りで、苦情もいろいろ寄せられるけれど、
「誰もぼくのようにきみを愛せない、さあ、(ハワイ名物のホットケーキ屋)アイ・ホップに一緒に出掛けるぞ」と、
父親の溺愛ぶりを歌っていた。

彼の訃報を聞いて以来、そんなことを思い出しながら、
もうじき来日するドナルド・フェイゲンは、どれほど辛いだろう、悲しいだろう、
どんな感情と戦っているんだろう、と考えていたら、来日公演が中止になった。
彼の心境を推し量れば、それも予想できなかったわけではない。
ちゃんと心の傷を癒して、元気になって来て欲しいなと、そんなことを思っている。
なにしろ、二人は大学時代からの仲だ。
ギターで、ブルースを奏でているウォルター・ベッカーを見て、
ドナルド・フェイゲンから声をかけた、それが、スティーリー・ダンの始まりだったという。

ともあれ、ウォルター・ベッカーには、
素敵な音楽と、たくさんの刺激をありがとう、、、そして安らかに!!!
e0077638_14125953.jpg



[PR]
# by in-cahoots | 2017-09-17 22:56 | 音楽 | Comments(0)
電子版音楽雑誌『ERIS』第20号で、ロックを語る
9月9日(土)

無料の電子書籍版音楽雑誌で、『ERIS/エリス』という雑誌があります。
HPでのメールアドレス会員登録さえすれば無料で購読できるという、
この世知辛いときに、なんとも太っ腹で、素敵な雑誌です。
編集長は、萩原健太さん、
現在の購読登録者数は、23000人だそうです。
季刊年4回発行で、先ごろ、9月7日に新しい号が発刊されました。
e0077638_23494312.jpg

ぼくも、たまに書かせていただいてますが、
今回は、渋谷陽一さん、ピーター・パラカンさんと3人で、
ロック・ジャーナリズムについて話しあっています。
何処にでもあるような情報にかたよらず、
他にも、読み応えのある記事が沢山あります。
宜しければ、是非、ご覧になって下さい。
以下に、サイトを貼り付けておきますね。




[PR]
# by in-cahoots | 2017-09-09 23:56 | 書籍 | Comments(0)
カナダ大使館で、オスカー・ピーターソンの胸像除幕式を。
9月2日(土)

オスカー・ピーターソンと言えば、
旅立って10年近くなるが、
カナダが誇るジャズ・ピアニストとして知られている。
日本のカナダ大使館内にあるシアターは、
オスカー・ピーターソン・シアターと名付けられているくらいだ。

そのカナダ大使館に、オスカーの胸像が設置されることになり、
昨日、その除幕式が行ななわれた。
オスカーの娘さんのセリーヌ・ピーターソン、
オスカーに師事したピアニストのロビ・ボトス、
そして、胸像の製作者ルース・アバネシーの御三方出席が列席しての式典だった。
その後、ロビ・ボトスのピアノ演奏も、楽しませてもらった。

9月は、そうやって秋の気配とともに、気持ちよく始まった。
e0077638_23390295.jpg

[PR]
# by in-cahoots | 2017-09-02 23:44 | 音楽 | Comments(0)
チーフタンズのパディ・モローニさんのトーク・イベント。
8月29日(火)

忘備録その2、
仙台でのイベントの翌日、26日の土曜日には、
今年55周年を迎えたチーフタンズのパディ・モローニさんのトークイベント@渋谷Li-Poに、お話の聞き手として参加。
79才という年齢ながらも、饒舌なところを含めてますます意気軒昂というか、
ティン・ホイッスルの演奏を交えながら約2時間、
なんとも楽しい時間をすごさせていただきました。
嫌な世の中だけど、こういう人の存在は有難い。
生にかかわる大切なことを簡単に手放したり、諦めたりはできないなあ、
と、改めて、
そんな思いに駆られた夏の日の午後でした。
集まった皆さんも、楽しんでいただけていたら嬉しいのだけど、、、。
55周年を記念した来日公演は、
11月23日所沢から12月9日東京まで、予定されています。
e0077638_10291661.jpg

[PR]
# by in-cahoots | 2017-08-29 10:33 | 音楽 | Comments(0)
仙台でレコード・コンサートを。
8月28日(月)

このところ、外出する仕事が続いたので、なかなか行けなかったジムに行って、少し泳いだ。
とは言っても、のんびり、休憩しながら1時間ほどですが。
それで、忘備録を兼ねて先週をふり返ってみようと思う。
その1、
金曜日25日の夜は、仙台にお呼ばれしてシルヴァー・クリケッツ(北中正和&天辰保文)でレコードコンサートを。
<ちょっと贅沢大人時間feat. morning shuffle~第1回Talk&DJ Session 音楽とワインのマリアージュ>というイベントで、
場所は、仙台駅のすぐそばSENDAI STATION LOUNGEというお洒落な場所。
そこで、ワインをいただきながら、
ぼくらシルヴァー・クリケッツは、アナログ盤を掛けながらお喋りを。
しかも、仙台のだやさん提供の素晴らしいオーディオ環境で、というイベントでした。
内容の一部は、仙台のFM 76.2、Dadio3の番組Morning Shuffleの中で紹介されるそうです。
番組パーソナリティのロケット廣瀬さん、
今回main MCを担当された角田哲也さん、
震災復興とワイン造りの話をしてくださった秋保ワイナリーの毛利親房さん、
素晴らしいオーディオ環境を提供してくださった仙台のだやさん、
お世話になりました。
夜遅い新幹線で帰宅。
みなさん、楽しんでいただけたのなら嬉しいのですが。

e0077638_12043055.jpg

[PR]
# by in-cahoots | 2017-08-28 12:35 | 音楽 | Comments(0)
グレン・キャンベルに、改めて、ありがとう!!!
8月21日(月)

少し前になるが、グレン・キャンベルが亡くなった。
米国の人気スターの一人で、
殊に、1960年代から70年代にかけて、数多くのヒットで親しまれた。
「ジェントル・オン・マイ・マインド」、「恋はフェニックス」、「ウィチタ・ラインマン」等々、
殊に、1975年の「ラインストーン・カウボーイ」は全米一位に、
それもあって、カントリーのイメージで語られることが多いが、幅広い音楽に対応できる人だった。
「ラインストーン・カウボーイ」同様に全米一位に輝いた「哀愁の南(サザン・ナイツ)」は、
もちろん、ニューオーリンズのアラン・トゥーサンの曲だ。

ギターの腕前も見事で、
シンガーとして成功する前は、ロサンゼルスでスタジオ・ミュージシャンとして活躍、
フランク・シナトラの「夜のストレンジャー」でギターを弾いたり、
ビーチ・ボーイズやモンキーズにも貢献した。

テレビのバラエティ番組の司会から映画俳優までこなしたり、
これほど米国民のみならず広く親しまれた人も珍しい。
2011年だったか、アルツハイマー病であることを公表、
病状が悪くならないうちにと、コンサートにレコーディングにと意欲的なところもみせた。
結局、8月8日、81才で旅立った。
この映像は、ジャクソン・ブラウンの「青春の日々」のカヴァーで、そのミュージック・ビデオだ。
なんだか、涙が出てきますね、、、。
本当に沢山の素敵な歌とギターを、ありがとうございました。
    
                
[PR]
# by in-cahoots | 2017-08-21 14:45 | 音楽 | Comments(0)
エルヴィス・プレスリー、没後40年
8月19日(土)

8月16日は、エルヴィス・プレスリーの命日だった。
今年は、没後40年ということもあって、故郷メンフィスはいろんなイベントで賑わっているらしい。
以前、彼が眠るグレイスランドを訪れたとき、
その日は、普通の日だったにもかかわらず、沢山の花に囲まれていた。
今週あたりは、凄いことになっているだろう。

そう言えば、ビルボードで、
没後40年に因んで彼の歌のベスト40というのが発表されていた。
「監獄ロック」、「冷たくしないで」、「好きにならずにいられない」などに混じり、
上位5曲の中には、「イッツ・ナウ・オア・ネヴァー」が入り、
1位には、「恋にしびれて All Shook Up」が選ばれていた。
e0077638_11300953.jpg

[PR]
# by in-cahoots | 2017-08-19 11:34 | 音楽 | Comments(0)
映画『サーミの血』の試写会に。
8月17日(木)

このところ、雨の日が続く。
昨日も、そうだった。
そんな中、映画『サーミの血』の試写会に。
サーミ人とは、
スカンジナビア半島北部の、ラップランドと呼ばれる地方でトナカイを飼いながら暮らす少数民族のことをいう。
映画の舞台は、1930年代のスウェーデン、
サーミ人が、脳の発達が劣る劣等民族として差別を受ける。
「あなたがたの脳は、文明に適応できない」。
その強烈な人種差別を背景に、
ラップランドを、サーミ人であることを捨て、街に出ていこうとする少女を描く。
映画の中では、サーミ人の伝統歌唱、ヨイクを歌うシーンも出てくる。

それにしても、
ぼくの不勉強だけど、知らないことが多いことを痛感する日々、、。
e0077638_01424134.jpg

[PR]
# by in-cahoots | 2017-08-17 01:47 | 映画 | Comments(0)
武蔵小山でのトーク・イベントは、9月25日に。ジャクソン・ブラウンをみなさんと。
8月12日(土)

武蔵小山の名物レコード店PET SOUNDS RECORD、
そこの森陽馬さんのお誘いで始まったトーク・イベントも、
次は8回目を迎えます。
イーグルス、リンダ・ロンシュタットと来たら、
次は、やはり、ジャクソン・ブラウンでしょう、と、決まってしまいましたw、、。
10月の来日公演も控えてますしね。
そう言えば、
彼がデビューして、45年にもなるんですね。
写真は、
懐かしいそのときの日本のシングルで、「ドクター・マイ・アイズ」。
「全米で人気沸騰の新鋭シンガー・コンポーザー!」と惹句にあります。
いまだに初々しい歌声の数々、
みなさんと一緒に楽しめれば嬉しいです。
宜しければ、遊びにいらして下さい。

PET SOUNDS RECORD presents <天辰保文 トーク・イベント Talking Man Vol.8>
ジャクソン・ブラウン特集
9月25日(月) 
open: 18:30 / start: 19:30
出演: 天辰保文、森陽馬
入場料 : 1500円
会場 : Live Cafe Again
℡03-5879-2251
〒142-0062 品川区小山3-27-3 ペット・サウンズ・ビル 地下1F
e0077638_00185230.jpg

[PR]
# by in-cahoots | 2017-08-12 00:28 | 音楽 | Comments(0)
ロジャー・フーヴアーを聴いた
8月10日(木)

ロジャー・フーヴァーは、オハイオ州ケント出身のシンガー・ソングライター、
スライド・ギターの腕前もなかなかだ。
生まれは、フロリダだが、
幼い頃にオハイオ州に移り、ケントのクラブで歌い、演奏するようになったとある。
『PASTURES』というアルバムで初めて聴いたが、
渋くて、とても、良かった。

e0077638_11554830.jpg

[PR]
# by in-cahoots | 2017-08-10 12:03 | 音楽 | Comments(0)