2017年 07月 12日 ( 1 )
暑い夜に、ブルースを聴く。
7月12日(水)

倉庫で探し物をしていたら、ひょっこりこういうのが出てきた。
『続・RCAブルースの古典』
(監修・解説=中村とうよう、ジャケット・イラストレーション=矢吹申彦)。
1971年に発売された『RCAブルースの古典』に続いて、
1975年に発売されたブルースのコンピレーション2枚組だ。

とうようさんの解説によれば、
エルヴィス・プレスリーのオリジナルということで、
「ザッツ・オール・ライト」を含めて、
アーサー・クルーダップの数曲が収録されているのが、このときの目玉だったらしい。

他にも、スリーピー・ジョン・エステス、ブラインド・ウィリー・マクテル、
ビッグ・ジョー・ウィリアムス、サニー・ボーイ・ウィリアムスンなどに混じって、
ビッグ・メイシオのも数曲、収録されている。

そのビッグ・メイシオが、聴きたくなったこともあり、
久々に、ターンテーブルにのっけてみた。

e0077638_13311249.jpg
 
[PR]
by in-cahoots | 2017-07-12 13:39 | 音楽 | Comments(0)