2015年 03月 06日 ( 1 )
CS&Nにジャクソン・ブラウン、幸せな一日
3月5日(木)

慌ただしい一日だった。

明け方近くまでかかって北海道新聞の連載を書き終え、
3時間ほどの睡眠をとった後、午後のインタビュー取材の準備に時間を割いた。
簡単に食事を済ませて、ジャクソン・ブラウンのインタビューに。

そのまま、クロスビー、スティルス&ナッシュの来日公演を観るために有楽町の国際フォーラムに。
3人いずれもが70才を越えているとは思えないくらいの、素晴らしいライヴだった。
生き抜くということはこういうことなんだろうなと、つくづく思い知らされるライヴだった。

途中、ジャクソン・ブラウンが飛び入りで出演、
グレアム・ナッシュと一緒に「ザ・クロウ・オン・ザ・クレイドル」を披露した。
古いアイリッシュ・フォークの一つで、
1979年のノー・ニュークス・コンサートでグレアムと歌い、
近年のデヴィッド・リンドレーとのライヴ盤でも披露していた反戦歌だ。
日本で、こういう共演が見られることを含めて、
慌ただしい一日だったけれど、幸せな一日でもあった。

CS&Nの来日公演、ジャクソン・ブラウンのインタビュー取材、
いずれも後日毎日新聞に寄稿の予定です。
コンサート会場では、
携帯やスマートフォンでの写真撮影は許可があったけれど、うまく撮れなかった。
e0077638_12431634.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2015-03-06 12:53 | 音楽 | Comments(4)