<< 仙台でレコード・コンサートを。 エルヴィス・プレスリー、没後40年 >>
グレン・キャンベルに、改めて、ありがとう!!!
8月21日(月)

少し前になるが、グレン・キャンベルが亡くなった。
米国の人気スターの一人で、
殊に、1960年代から70年代にかけて、数多くのヒットで親しまれた。
「ジェントル・オン・マイ・マインド」、「恋はフェニックス」、「ウィチタ・ラインマン」等々、
殊に、1975年の「ラインストーン・カウボーイ」は全米一位に、
それもあって、カントリーのイメージで語られることが多いが、幅広い音楽に対応できる人だった。
「ラインストーン・カウボーイ」同様に全米一位に輝いた「哀愁の南(サザン・ナイツ)」は、
もちろん、ニューオーリンズのアラン・トゥーサンの曲だ。

ギターの腕前も見事で、
シンガーとして成功する前は、ロサンゼルスでスタジオ・ミュージシャンとして活躍、
フランク・シナトラの「夜のストレンジャー」でギターを弾いたり、
ビーチ・ボーイズやモンキーズにも貢献した。

テレビのバラエティ番組の司会から映画俳優までこなしたり、
これほど米国民のみならず広く親しまれた人も珍しい。
2011年だったか、アルツハイマー病であることを公表、
病状が悪くならないうちにと、コンサートにレコーディングにと意欲的なところもみせた。
結局、8月8日、81才で旅立った。
この映像は、ジャクソン・ブラウンの「青春の日々」のカヴァーで、そのミュージック・ビデオだ。
なんだか、涙が出てきますね、、、。
本当に沢山の素敵な歌とギターを、ありがとうございました。
    
                
[PR]
by in-cahoots | 2017-08-21 14:45 | 音楽 | Comments(0)
<< 仙台でレコード・コンサートを。 エルヴィス・プレスリー、没後40年 >>