<< ポール・サイモンの歌声が、ハイ... 豪雨で騒々しかった一日、静かな... >>
リヴァーサイド・ホテルを思い出しながら、ベッシー・スミスを聴いた
7月20日(木)

首都圏も、梅雨が明けたらしく、
暑い一日だった。
こういう日には、何故か古いブルースが聴きたくなってくる。
という訳で、ベッシー・スミスを聴いて過ごした。

写真は、8年ほど前だろうか、
ミシシッピ州クラークスデイルのリヴァーサイド・ホテルを訪れたときのもので、
夕暮れのひととき、そこにたたずみ撮らせてもらった。
1937年9月26日、
ブルースの女王、ベッシー・スミスが、
交通事故で息を引き取ったのがここで、
当時は病院だったらしい。
その後、ホテルとなって、
ソニー・ボーイ・ウィリアムスンをはじめとするブルースマンたちが定宿として利用した。

e0077638_21512950.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2017-07-20 21:59 | 音楽 | Comments(0)
<< ポール・サイモンの歌声が、ハイ... 豪雨で騒々しかった一日、静かな... >>