<< レコード人気と、蒸し暑い午後に... 薬師丸ひろ子、Best Son... >>
ニール・ヤングの「風は激しく」を、カナダの誕生日を祝って聴く
7月1日(土)

今日7月1日は、カナダの誕生日らしい。
Happy Canada Day !!
ということで、ニール・ヤングの「風は激しく」を引っ張り出してきた。
カナダ人フォーク・シンガーで、ソングライターでもあるイアン・タイソンが書き、
本人は、1964年、イアン&シルヴィアとして発表した。

ニール・ヤングは、1978年、
アルバム『カムズ・ア・タイム』の中で、
ニコレット・ラーソンをバックに歌っている。
原題は、「Four Strong Winds」、
過酷な旅を続けるカナダの季節労働者のことを歌っている。

Facebookに続いて始めたInstagramでの、初投稿はこの写真にした。
どうでしたか、、??

e0077638_17490895.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2017-07-01 21:42 | 音楽 | Comments(2)
Commented by gongon at 2017-07-03 05:46 x
天辰さん

おはようございます。昨日の都議選の結果に挙げた祝杯がいささか度を越しており、ひどい二日酔いです(>_<)
僕もこの写真大好きです。78年の夏が鮮烈に蘇ります。友人と東北一周の旅に出たのですが、当時はまだウォークマン発売前だったので小さなラジカセを持っていき、もっぱらカムズ・ア・タイムのテープを聴いていました。東北本線の車窓から見た山の緑が目に浮かびます…懐かしいなぁ。
Commented by in-cahoots at 2017-07-03 15:19
gongonさん、
楽しいお酒だったんでしょうねw、、、。ぼくは、都民ではないので投票はできませんでしたが。ニコレット・ラーソンのバックも素敵でした、、、それにしても、暑いですw、、。
<< レコード人気と、蒸し暑い午後に... 薬師丸ひろ子、Best Son... >>