<< 書棚から古い小説を、そしてステ... 梅雨の日は、朝からチャック・ベリーだ >>
ヴァレリー・カーターの歌声が、梅雨空に響く。
6月16日(金)

ヴァレリー・カーターは、
去る3月4日に旅立ったが、
彼女が残したアルバム『ザ・ウェイ・イット・イズ』が、最新リマスターで発売されることになった。
1996年のアルバムで、
当時、18年ぶりの新作ということでもぼくらの間で歓迎された1枚だ。
ジェイムス・テイラー、ジャクソン・ブラウン、リンダ・ロンシュタット等々が、
それを祝って参加した。
しかも、今回は、ミニ・アルバム『ファインド・ア・リヴァー』の5曲を加えての発売だ。
アナログ盤でも、ジャケットが変わって発売されるという。

それが、この写真だ。
1996年当時のライナーに、
新たに追悼の思いも書き加えさせていただいた。
宜しければ、是非、、、。
e0077638_14092101.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2017-06-16 14:28 | 音楽 | Comments(0)
<< 書棚から古い小説を、そしてステ... 梅雨の日は、朝からチャック・ベリーだ >>