<< スティングを武道館で。 グレッグ・オールマンが逝く、、... >>
休日の午後、パパ・ヘミングウェイ/加藤和彦を聴く
6月5日(月)

この1週間、外出らしい外出もせずに、
コンピューターに向かって文字を打ち込んでいた。
ランニングとスイミングのために近くのジムに出かけたくらいだ。

いままでもそうだったけど、
ますます、いろんなことに億劫になってきたような気がする。

昨日は、久々に、『パパ・ヘミングウェイ/加藤和彦』を取り出して聴いた。
天気の良い休日の午後、海を眺めながら聴いた。
気持ちが良いだけではない。
心の退廃というか、そういう翳りや痛みもちゃんと備えたアルバムで、
夕暮れを待ちながら聴くと、たまらなくなるアルバムでもある。

それになによりも、
大村憲司、小原礼、高橋幸宏、坂本龍一、そして加藤和彦。
彼らの演奏を聴いていると、
かれこれ、40年が経とうとしているのに、
まるで、昨日、届けられたかのような気がして、つくづく素晴らしいな、と思う。
e0077638_13001968.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2017-06-05 13:21 | 音楽 | Comments(2)
Commented by 百間 at 2017-06-10 15:10 x
天辰保文様

こんにちは。そぼ降る雨に濡れる新緑を眺め、数年振りに「パパ・ヘミングウェイ」を聴いています。
久しぶりの再会のきっかけをいただき、ありがとうございます。
2017年も間もなく上半期が終わりますが、この半年の間、仕事に生活と慌ただしい日々を支えてくれる
沢山の素晴らしいSONG、ALBUM、そしてLIVEと巡り会うことができました。
音楽から貰った力を糧に下半期も前向きに毎日を過ごしていきたいと思います。





Commented by in-cahoots at 2017-06-12 10:22
百聞さん、
こんにちは。返信、遅れてしまいました。ごめんなさいね。本当に、速いものですね、そろそろ半年が過ぎようとしているなんて。今年こそは、と、いろいろ意を決したのが昨日のように思い出されますが、なにも実行しないままで、、、。とは言え、残り半年もあるんだと思いつつ、、。お互い体調には気をつけて梅雨を乗り切りましょう。
<< スティングを武道館で。 グレッグ・オールマンが逝く、、... >>