<< 『ALL ABOUT Nora... ライリー・ウォーカーを聴きなが... >>
映画『ムーンライト』を観た
4月4日(火)

先日、映画『ムーンライト』を観た。
アカデミー賞で最優秀作品賞に輝いた映画だ。
授賞式では、授賞作名を記した封筒が、
プレゼンターのウォーレン・ビューティとフェイ・ダナウェイに他のものと間違って渡され、
『ラ・ラ・ランド』と読みあげられた。
『ラ・ラ・ランド』のスタッフが大喜びし、壇上でスピーチのさいちゅうに事実が発覚、
正式に、『ムーンライト』が受賞した。
アカデミー史上前代未聞のハプニングとなったが、その映画だ。
しかも、予定を繰り上げての日本公開となった。

監督、脚本のバリー・ジェンキンスをはじめとして、黒人だけのキャストによる映画では、
アカデミー史上初の作品賞らしい。
しかも、LGBTQを題材にし、
製作費も僅か6億円というインディペンデント映画にもかかわらずの快挙だった。
題材を別にしても、すんなりと入っていけないところもあったが、
とても誠実に向き合って作られた映画だというのがわかる。
映画に対する、人間に対する誠意が、
観ていて切なくなってくるくらいだった。
e0077638_10475397.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2017-04-04 10:55 | 映画 | Comments(0)
<< 『ALL ABOUT Nora... ライリー・ウォーカーを聴きなが... >>