<< PET SOUNDS RECO... ウォリス・バードをみて、吉祥寺を歩く >>
ノーベル文学賞受賞への、ボブ・ディランのメッセージ
12月13日(火)

先日、スウェーデンのストックホルムで、ノーベル賞文学賞授賞式が行われた。
文学賞を受賞したボブ・ディランは欠席したが、
彼の代わりに友人のパティ・スミスが「はげしい雨が降る」を歌い、
スウェーデン駐在のアメリカ大使が、ディランのメッセージを代読した。
パティ・スミスの歌も、途中で間違ってやり直したのも含めて感動的だった。
そして、ディランのメッセージの素晴らしかったこと、、、ぼくは、読みながら涙が出てきてしまった。

以下、日本経済新聞に掲載された全文日本語訳を、、、。
是非、読んでみてください。 


皆さん、こんばんは。

スウェーデン・アカデミーのメンバーと、今晩ご臨席の素晴らしいゲストの皆さまに心からのごあいさつを申し上げます。

出席できずに申し訳ありません。しかし私の心は皆さんと共にあり、名誉ある賞を光栄に感じていることをご理解ください。

ノーベル文学賞の受賞を、想像したり予想したりすることはできませんでした。

私は幼い頃から、このような栄誉に値すると見なされた人たちの作品に親しみ、愛読し、吸収してきました。

キプリングや(バーナード・)ショー、トーマス・マン、パール・バック、アルベール・カミュ、ヘミングウェーなどです。

作品が教材となり、世界中の図書館に置かれ、恭しい口調で語られる文学界の巨人たちには、常に深い感銘を受けてきました。

このリストに私の名前が連ねられることに、本当に言葉を失ってしまいます。


これらの人々が、ノーベル賞にふさわしいと自ら思っていたかは分かりません。

しかし本や詩、戯曲を書く人なら世界中の誰もが、ひそかな夢を心の奥深くに抱いていると思います。

恐らくあまりに深く秘められているため、本人でも気付かないほどでしょう。

私にノーベル賞受賞の可能性がわずかながらあると言われたとしても、月面に立つのと同じくらいの確率と考えなければならなかったでしょう。

事実、私が生まれた年とその後の数年間は、世界でこの賞にふさわしいと見なされた人はいませんでした(注・1940~43年は文学賞受賞者がいなかった)。

だから控えめに言っても、私は自分が非常にまれな集団の中にいることを認識しています。


この驚くべき知らせを受けた時、私はツアー中で、正確に理解するのに数分以上かかりました。

私は文豪ウィリアム・シェークスピアのことが頭に浮かびました。

彼は自分を劇作家だと考えていたと思います。文学作品を書いているという考えはなかったでしょう。

彼の文章は舞台のために書かれました。

読まれることではなく、話されることを意図していました。

「ハムレット」を書いている時、彼はいろいろなことを考えていたと思います。

「ふさわしい役者は誰だろう」「どのように演出すべきか」「本当にデンマークという設定でいいのだろうか」。

創造的な構想や大志が彼の思考の中心にあったことに疑いはありません。

しかしもっと日常的なことも考え、対処しなければなりませんでした。

「資金繰りは大丈夫か」「後援者が座る良い席はあるか」「(小道具の)頭蓋骨をどこで手に入れようか」。

シェークスピアの意識から最もかけ離れていたのは「これは『文学』だろうか」という問いだったと確信します。


歌を作り始めた10代の頃、そして私の能力が認められるようになってからも、私の願望は大したものではありませんでした。

カフェやバーで、もしかしたら将来、カーネギーホールやロンドン・パラディウム劇場のような場所で聴いてもらえるようになるかもしれないと考えていました。

少し大きな夢を描けば、レコードを発表し、ラジオで自分の歌が聴けるようになるのではと想像したかもしれません。

それは私の中で本当に大きな目標でした。レコードを作り、ラジオで歌が流れるというのは、多くの人に聴いてもらえることであり、自分がやりたかったことを今後も続けられるかもしれないということでした。


私は自分がやりたかったことを長い間続けてきました。

多くのレコードを作り、世界中で何千回ものコンサートを開きました。

しかし私のしてきたほとんど全てのことの中核にあるのは歌です。

私の歌はさまざまな文化の、大勢の人たちの中に居場所を見つけたようで、感謝しています。


一つだけ言わせてください。

これまで演奏家として5万人を前に演奏したこともあれば、50人のために演奏したこともあります。

しかし50人に演奏する方がより難しい。5万人は「一つの人格」に見えますが、50人はそうではありません。

一人一人が個別のアイデンティティー、いわば自分だけの世界を持っています。

物事をより明瞭に理解することができるのです。

(演奏家は)誠実さや、それが才能の深さにいかに関係しているかが試されます。ノーベル賞委員会がとても少人数だという事実は、私にとって大切なことです。

しかしシェークスピアのように私も、創造的な努力とともにあらゆる日常的な物事に追われることばかりです。

「これらの歌にうってつけのミュージシャンは」「このスタジオはレコーディングに適しているか」「この歌のキーはこれで正しいか」。

400年もの間、何も変わらないことがあるわけです。


これまで「自分の歌は『文学』なのだろうか」と自問した時は一度もありませんでした。

そのような問い掛けを考えることに時間をかけ、最終的に素晴らしい答えを出していただいたスウェーデン・アカデミーに感謝します。

皆さまのご多幸をお祈りします。


ボブ・ディラン






[PR]
by in-cahoots | 2016-12-13 10:18 | 音楽 | Comments(0)
<< PET SOUNDS RECO... ウォリス・バードをみて、吉祥寺を歩く >>