<< ボブ・ディランは言った、Pla... レオン・ラッセルも、逝く、、、。 >>
モーズ・アリソン、逝く
11月20日(日)

ローリング・スートンズ、ザ・フー、ヴァン・モリソン、クラッシュ、ボニー・レイット、エリック・クラプトン、エルヴィス・コステロetcが、その影響を誇らしげに語ったり、曲を取り上げたりしていた。
「Everybody Cryin' Mercy」、「A Young Man's Blues」、「Parchman Farm 」etc。
どうもすごい人らしい、というわけで知った。
それが、モーズ・アリソンだ。
実際、一般的にはほとんど知られていない。
ジャズの鍵盤弾きで、歌うたい。
だけど、ジャズの枠を超えた独特のグルーブを醸し出す、それはまるでブルースマンのそれにも近い。
ただし、インテリジェンスとユーモアをまぶして、とびっきり洗練されているのだけど。
2010年には、ジョー・ヘンリーが1年近くかかって説き伏せ、
新作『ザ・ウェイ・オブ・ザ・ワールド』を完成させたのも記憶に新しい。

そのモーズ・アリソンが、11月15日、サウスカロライナの自宅で息を引き取ったらしい。
89才だった。米国ミシシッピー州ティッポの生まれ。
つい先日亡くなったレオン・ラッセルも、彼を尊敬し、影響を受けた一人で、
「I'm Smashed」を取り上げていた。
r.i.p. Mose Allison
e0077638_09573744.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2016-11-20 10:00 | 音楽 | Comments(0)
<< ボブ・ディランは言った、Pla... レオン・ラッセルも、逝く、、、。 >>