<< レナード・コーエン、旅立つ 立冬を告げる夜に聴くヴァン・モ... >>
米国大統領選挙に、木枯らし一号、、、そんな夜に聴くエミット・ローズ。
11月11日(金)

一昨日のことになるけれど、それはそれは、ドラマティックな一日だった。
米国大統領選挙で、ドナルド・トランプ候補が、ヒラリー・クリントン候補を破って次期大統領に選出されたのだ。
米国民の中には、ぼくらにはわからない現状への不安や不満があったということだろう。
トランプ候補は、そこにわかりやすく訴えたというのがメディアの分析らしいが、
それにしても、と思う。
それが選挙に勝つための方法であれ、差別や蔑視の暴言や品位を前にすると、
ぼくが米国民だったら、彼に一票は投じなかっただろう。
ただし、大多数の国民が選択した我が国のいまの政権を考えると、
偉そうに言える立場ではない気もするのだけど、、、。

いずれにせよ、ドラマティックな一日だった。
そのせいだろうか、関東地方でも木枯らし一号が吹き荒れた。

そんな日にふさわしいかどうかはわからないけれど、
その夜は、エミット・ローズの『RAINBOW ENDS』を聴いた。
かつて、一人ビートルズとも、
ポール・マッカートニー本人よりもポール・マッカートニーらしいとも言われた人の、43年ぶりの新作だ。
e0077638_14035306.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2016-11-11 14:12 | 音楽 | Comments(4)
Commented by Tak. "SPIKE" at 2016-11-12 10:49 x
天辰さん、こんにちは。

Emitt Rhodes のこのアルバム、今年の私のベスト3候補なんですよね。過去のアルバムは聴いてないのですが、歳を重ねることで生まれる、なんともいえない力の抜け具合が非常に心地好く感じられました。ジャケットの表情にも不思議な魅力があって…。

トランプさんの目指す「偉大なアメリカ」が、私のあこがれていたアメリカとは異なるものであることはわかります。それ以外は今のところ何もわからないのですが、全く予想がはずれた専門家(と呼ばれる人たち)やメディアが、まことしやかに分析やら今後の見通しやらを訳知り顔で話すのを見ると、何だか滑稽に思えてしまいます。

でも、我が国においても、かの国の在り方についても、私の考え方や価値観が多数派ではないことをあらためて認識させられました。いや、わかってはいたのですが、どう生きて行くべきか…いろいろ悩ましい時代になりました。
Commented by in-cahoots at 2016-11-13 09:47
Tak."SPIKE"さん、こんにちは。
エミット・ローズ、そうでしたか。素晴らしいですものね。若い人たちも、うまく絡んでいて、しかも、それをこれみよがしにださないところが好きです。
米国だけの問題ではなく、どうなることやら、、ですが。我々庶民ができることをしっかりと足を地に着けて行くしかないかと、、。
Commented by KOUTA at 2016-11-13 19:30 x
お久しぶりです。僕もこの盤はベスト3に入れると思います。エミット・ローズと一緒に自分も歳を取ったのだなとしみじみ思います。
Commented by in-cahoots at 2016-11-14 10:52
KOUTAさん、こちらこそです。
なんだか、このアルバムは、In-Cahootsの今年のbest 3で数人のかたに選ばれそうですね。
<< レナード・コーエン、旅立つ 立冬を告げる夜に聴くヴァン・モ... >>