<< 背黒イワシを肴に飲んだ夜 5月16日(月)のトークイベン... >>
ディランが呼びこんだ偶然、、、。
5月17日(火)

すっかり更新を怠ってしまいました。
連休も終え、むしろ慌ただしい日々から少し解放されたような平穏な暮らしに戻った感じでしょうか。
昨日は、<PET SOUNDS RECORD プレゼンツ天辰保文トークイベントTalking Man Vol.4>
ということで、武蔵小山のCafe Againで楽しいひとときを過ごさせていただきました。

足を運んでくだったみなさん、ありがとうございました。
ボブ・ディラン特集、
くしくも、ちょうど50年前のこの日、
1966年5月16日は、『ブロンド・オン・ブロンド』がリリースされた日でした。
そんな話で盛り上がっているところに、Cafe Againの店主石川茂樹さんから、
ビーチ・ボーイズの『ペット・サウンズ』のリリースも、同日だったという情報が、、。
このイベントは、ペット・サウンズ・レコードの森陽馬さんのお誘いで始めたものだし、
ディランとブライアン・ウィルソン、二人が同時に日本に滞在してライヴをしていたのも記憶に新しいところでしたからね。
しかも、イベントを終えて、陽馬さんのお父さんで、店主の森勉さんと雑談中に、
あの2枚のアルバムのジャケットで、ディランとブライアン、色こそ違え二人とも同じようにPコートを着てるんです、と指摘され、
いやはや、、、。
この日は、なんという日だったんだろう。
途中で地震まできたし
(ディランのカヴァーをと、マクギネス・フリントの「サイン・オン・ザ・クロス」を聴いているところで、慌ててレコードプレイヤーを止めたり)、、。
ともあれ、陽馬さん、石川さん、お疲れさまでした。お世話になりました。
足を運んでくださったみなさん、ありがとうございました。
また、お会いしましょう。
e0077638_12150676.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2016-05-17 12:21 | 音楽 | Comments(0)
<< 背黒イワシを肴に飲んだ夜 5月16日(月)のトークイベン... >>