<< 春を待ちながら聴くライリー・ウ... エンニオ・モリコーネがアカデミ... >>
『ロジャー・ティリソンズ・アルバム』からは、スワンプが香り立つ
3月2日(水)

『ロジャー・ティリソンズ・アルバム』には、スワンプ・ロックという言葉が似合う。
寒くなったり、暖かくなったり、日によってころころと変わる気候のせいか、
どうも体調が思わしくない。
別に何処かが悪いというわけではないのだろうけれど、、、。

そういうときは、腰の据わったこういうアルバムに手が伸びる。
ライナーノーツを書いたこともあって、
このところ良く聴いていたはずなのに飽きないのは、やはり、良いアルバムということだろう。
幕開けの「ダウン・イン・ザ・フラッド」からして好きだ。
ウッドストックで、ディランがザ・バンドの面々とセッションを重ねていた頃の作品のひとつ、
サンデイ・デニーもとりあげた。
最近だと、デレク・トラックスも取り上げている。

いま、あんたはいちばんの親友を失くしちまうってことさ

ディランは、こういう歌を沢山書いていたなあ、、。

e0077638_2144019.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2016-03-03 02:18 | 音楽 | Comments(0)
<< 春を待ちながら聴くライリー・ウ... エンニオ・モリコーネがアカデミ... >>