<< DawesのAll Your ... ビル・ワイマンの小気味良さ >>
ジョンの命日に、『ロックンロール』を聴く
12月9日(水)

フェイスブック等でも沢山の人が触れてたけど、
昨日、12月8日はジョン・レノンの命日だった。

あの悲報から35年が経つのかと思うと、
したくないけど、やはりしみじみとしてくる。

存命なら75歳のジョン・レノンだ。

そんなジョンに、
16歳の頃に聴いていたというロックンロールの数々を届けようと思って、
昨日は、『ロックンロール』を大きな音で聴いた。

e0077638_11304230.jpg
 
[PR]
by in-cahoots | 2015-12-09 11:33 | 音楽 | Comments(2)
Commented by アラン・ボブ at 2015-12-12 12:20 x
 はじめまして。こちらのブログ、いつも見てます。
 私は、今年からまた、レコード聞き始めました。
それで、手持ちのジョンのレコード、『シェイヴド・フイッシュ』で
久しぶりに「ハッピー・Xマス」を聞いたら、CDと違って、音がワーッツと拡がって、
やっぱり、レコードの音は良いな、と思いました。
 今度は、手持ちの『ロックン・ロール』を聞いてみます。
CDより、より団子上の音が、迫ってくるでしょうか?(笑)。
Commented by in-cahoots at 2015-12-13 11:21
アラン・ボブさん、はじめまして!!
いつも見て下さってるそうで、ありがとうございます。気が向いたときに、時間があるときに、できるだけ書くようにはしているのですが、、、。レコード、落ち着きますよね、CDに比べると。『ロックンロール』も是非、、とは言いながら、今回、ぼくが聴いたのはCDのほうで、申し訳ないです。レコードもあるので、そちらでも聴き直してみますね。
<< DawesのAll Your ... ビル・ワイマンの小気味良さ >>