<< リンダ・ロンシュタットに恋して ジェイムス・テイラーにきいた。 >>
I'M WITH HERに刺激され、、。
10月31日(土)

先日のLIVE MAGICでのお目当ては、もちろん、I'm With Herだったわけですが、
予想にたがわぬ女性三人組だったなあ、とその余韻を楽しみつつ、
やはり、女性三人寄ると面白いなあ、
と想像の羽根は秋空を(少し曇ったりしてるけど)飛びまわるのであった。

その昔は、リンダ・ロンシュタット、ドリー・パートン、エミルー・ハリスのトリオがあった。
ブライアン・ウィルソンにジョン&ミッシェル・フィリップスの娘たちによるウィルソン・フィリップスもいた。
ノラ・ジョーンズのPUSS'N BOOTS というのも、記憶に新しい。

そして、こういう人たちもいたな、と引っ張り出したのが、
ジャズ・ベーシストの重鎮、チャーリー・ヘイデンの娘たちによるTHE HADEN TRIPLETSだ。
Tanya 、Rachel、Petraの、文字通りの三つ子(triplet)たちで、
ライ・クーダーのプロデュースで作ったのが、去年のこのアルバムだ。
ライの息子Joachimの紹介だったらしい。
e0077638_12454572.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2015-10-31 13:06 | 音楽 | Comments(4)
Commented by Tak. "SPIKE" at 2015-11-01 13:47 x
天辰さん、こんにちは!

大阪での"I'M WITH HER"のライヴ、最高でした。
はじめにP.バラカンさんと渡辺三郎さんのトークショーがあったのですが、ここですでに彼女たち3人が出てきてくれて、おしゃべりの後マイクなしで2曲演奏してくれました。

コンサートの方は1時間強でしたが、J.ハイアットの曲のほかG.ウェルチの未録音曲(って言ったと思います)も演奏し、それぞれのソロの曲も、3人のハーモニーでややレコードとは異なるニュアンスで聴かせてくれました。

お客さんの年齢層はかなり高かった(52歳の私より年配の方がほとんど?)ように思いますが、かなりの方がMCに反応してましたし、いっしょに歌ったりもしていてビックリでした。カントリー、ブルーグラスファン、恐るべしです。

さらに、演奏後もサイン会があり、彼女たちのアルバムをすべて持っている私はサインしてもらうものがありませんでしたが、ひとりひとりと言葉を交わし握手をしてもらいました。

う~ん、こんな素晴らしい体験はもう二度とないでしょうね。
興奮してしまい、ついつい長文になり失礼しました。
Commented by in-cahoots at 2015-11-01 21:40
Tak."SPIKE"さん、こんばんは。
I'M WITH HERの大阪公演のレポート、ありがとうございます。そのときの彼女たちと会場の雰囲気が目に浮かびます、、。きっと、なごやかで、親しげで、良い感じだったんでしょうね。彼女たちの、気取らない、普段着な感じって、なかなか出せるものではないし、あれもまた、貴重だと思います。もちろん、歌声は言うまでもないことですが、、。それにしても、素敵な体験、良かったですね!!!
Commented by Tak. "SPIKE" at 2015-11-02 19:47 x
天辰さん、
このブログで彼女達を知ることができたからこその素敵な体験でした。本当に感謝しています。ありがとうございました。

Amazonのカートに保存されたままになっているTHE HADEN TRIPLETSも是非聴いてみようと思います。
で、トリオの次は、THE WAINWRIGHT SISTERSを期待しているのですが、どんなもんでしょうか?
Commented by in-cahoots at 2015-11-15 13:24
Tak."SPIKE"さん、こんにちは、
しばらく留守にしていたこともあり、すっかり連絡が遅れてしまいました。The Wainwright Sisters、ぼくはまだ、you tubeでしか見てませんが、期待せずにはいられませんよね、、。
<< リンダ・ロンシュタットに恋して ジェイムス・テイラーにきいた。 >>