<< オリビア・チェイニーの、静かで... 天辰保文、ジェイムス・テイラー... >>
高橋幸宏がドラマーに徹した姿を追って、LOVE PSYCHEDELICOを名古屋で観る。
6月28日(日) 

ロックが好きで、ロックに憧れ、
ロックについてなら幾らでも語り合えるけれど、
と同時に、ロックのことだけには頑(かたくな)に我が儘で、、。

サポートメンバーのCurly Giraffe(高桑圭)や堀江博久を含めて、
そういう男の子、女の子が、
自分たちが抱く一つのロックの姿というか、
絵のようなものをステージの上で共有しているようにも見えた。
しかも、高橋幸宏というドラマーを迎えて、
新しい刺激を受けながらいちだんと楽しそうに。
だから、バンドとしてのたたずまいがロックだった。

今回、幸宏さんがドラマーに徹して参加しているということで、
6月26日、名古屋@Zepp Nagoyaまで足を運み、
初めてみたLOVE PSYCHEDELICOは、
そんな風にぼくには映った。

e0077638_13315989.jpg


[PR]
by in-cahoots | 2015-06-28 14:06 | 音楽 | Comments(0)
<< オリビア・チェイニーの、静かで... 天辰保文、ジェイムス・テイラー... >>