<< カウボーイが、CDでよみがえる 音楽は一生かけて楽しもう、『E... >>
ブルース・スプリングスティーンの歌声が、リマスターでよみがえる。
12月12日(金)

ブルース・スプリングスティーンの初期7作が、
紙ジャケット仕様で、初リマスターということで発売された。
それも、BOX SETだ。
若いブルースが沢山いるブックレットを眺めながら、今日の午後はこれを聴きながら過ごすことにした。
そもそも、リマスターというものに余り関心がないほうだけど、
『明日なき暴走』と『闇に吠える街』以外の5作品は、
CDとしては世界初らしい。
礼儀正しく、『アスベズリー・パークからの挨拶』から聴き始めていく。
ブックレットをめくる手が止まり、呼吸を止める瞬間に幾度となく襲われる。
そうか、こういうことか、、、リマスターするということは、、、。
などと思いながら、夕刻までを過ごしている。
とある冬の日であった。

e0077638_13062350.jpg



[PR]
by in-cahoots | 2014-12-12 13:09 | 音楽 | Comments(0)
<< カウボーイが、CDでよみがえる 音楽は一生かけて楽しもう、『E... >>