<< ティムとジェフのバックリィ父子... ヴィンテージ・トラブルの暑い、熱い日 >>
暑いけど、爽やかな午後を、マイラ・アンドラーデと。
8月24日(日)

先日、マイラ・アンドラーデを取材。
六本木のカフェのテラスで、カーボ・ベルデ出身の若い彼女との会話に不思議な感覚を。
新作『ラヴリー・ディフィカルト』を聴いていると、
若くてしっかりした人たちの手で、
ワールドミュージックの新しい扉が開かれているのを実感させられます。

e0077638_1141062.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2014-08-24 11:45 | 音楽 | Comments(0)
<< ティムとジェフのバックリィ父子... ヴィンテージ・トラブルの暑い、熱い日 >>