<< 大貫妙子 デビュー40周年アニ... ワールド杯日本代表チームに、G... >>
ジェリー・ゴフィンに感謝を、、、。
6月27日(金)

6月19日、ジェリー・ゴフィンが亡くなったらしい。75才。
言うまでもなく、キャロル・キングと組んでヒット・ナンバーを量産し、ぼくらを楽しませてくれた作詞家だ。
二人の出世作とも言えるシュレルズの「ウィル・ユー・スティル・ラヴ・ミー・トゥモロウ」を筆頭に、
リトル・エヴァ、グランド・ファンク、カイリー・ミノーグでそれぞれ大ヒットした「ロコモーション」、
アレサ・フランクリンの「ナチュラル・ウーマン」、モンキーズの「プレザント・ヴァレー・サンデー」、
ザ・バーズの「ゴーイン・バック」、シフォンズの「ワン・ファイン・デイ」、
ドリフターズの「アップ・オン・ザ・ルーフ」etc、数えていけばきりがない。
ビートルズが、デビュー・アルバムで取り上げたクッキーズの「チェインズ」も、彼らの作品だった。
キャロル・キングとは1968年に離婚するが、その後も仕事での関係は続いた。

キャロル以外の人とも共作は少なくない。
マイケル・マッサーとは、ダイアナ・ロスの「マホガニーのテーマ」や
ホイットニー・ヒューストンの「すべてをあなたに」、
バリー・ゴールドバーグとは、
グラディス・ナイト&ザ・ピップスの「マイ・イマジネーション」やロッド・スチュアートの「イッツ・ナット・ア・スポットライト」を生んでいる。
ロバータ・フラックとピーボ・ブライソンの「愛のセレブレーション」も、彼とマイケル・マッサーとの共作だった。
余りにも女性の歌として見事な歌が多く、
ぼくは若い頃、作詞がキャロル・キングで、作曲がジェリー・ゴフィンだと思っていた。

あれほど沢山のヒット・ナンバーを生みながら、
彼の初めてのソロ・アルバムは、『It Ain't Exactly Entertainment』という名の、
マッスル・ショールズでの録音だった。
渋い歌声が、なんとも心に響くアルバムだった。
合掌、、、そして、感謝、、、。

キャロル・キングとの共作をまとめた『Goffin And King Songbook』
e0077638_12204442.jpg


1973年のソロ・アルバム『It Ain't Exactly Entertainment』
e0077638_12212428.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2014-06-27 12:40 | 音楽 | Comments(0)
<< 大貫妙子 デビュー40周年アニ... ワールド杯日本代表チームに、G... >>