<< 4月はマディ・ウォーターズの月... 桜散る夜に、バカラックに酔って... >>
ジェシ・ウィンチェスターの想い出、、、。
4月12日(土)

ぼくの部屋には、小さな額に収まった1枚のパンフレットがある。
パンフレットと呼ぶには申し訳ないくらいに簡素なもので、
しかも、日に焼けて、染みもあったりもする。
随分前のもので、
ボールペンで書かれたサインも、薄くなってしまっていて、
注意してみないと何が記されているのかさえわからない。

カナダのアルバータ州エドモントン、仕事で寒さ厳しい冬の街を訪れたときのことだ。
スプルース・グローブの小さな劇場で、ジェシ・ウィンチェスターがライヴをやっていた。
こういう偶然の好機は二度とないだろうと、取材でご一緒したみなさんとそこに行ったのだった。
雪に覆われた静かな夜、
そこで耳にしたジェシの歌は、人々の日常に気取りなく溶け込んでいて、
暖をもたらすというか、その日常を豊かに彩っていて、
ぼくはつくづく、歌というのはいいなあ、と深い余韻に酔いしれた。
終演後、折角だし、日本にもあなたの熱心なファンはいますよと伝えたくて、
みんなで楽屋まで押しかけ、厚かましさついでに、サインまでいただいた。
ただし、サインペンだとか用意しているはずもなく、
ボールペンで、その日会場でいただいたパンフレットに記してもらったのだった。
それが、写真のこれだ。
目を凝らしていただければ、右上のほうに微かに文字が読めると思う。
ぼくの大切な宝物の一つ、、、。

あの夜からどれくらい経っただろうか。
2014年4月11日、
ジェシ・ウィンチェスターが、旅立った。
2、3日前に誤報が飛び交ったが、結局、病魔には勝てなかったらしい。
ご冥福を祈りつつ、思い浮かぶ限りの感謝の言葉を、、、。

e0077638_17542595.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2014-04-12 18:15 | 音楽 | Comments(6)
Commented by KOUTA at 2014-04-12 22:56 x
残念の一言!今日は天辰さんに出ていたことを教えていただいた「Love Filling Station」を聴きました。
Commented by yasu at 2014-04-12 23:27 x
KOUTAさん、残念だけど、KOUTAさんの誕生日を待ってたのかもしれませんね、、、。ぼくらもいずれ、彼の乗る真夜中のバスに、、、。
Commented by gongon at 2014-04-13 18:00 x
実に悲しい知らせです。天辰さんに教えていただいて愛聴しているトリビュートアルバム Quiet About It を聴きながら、ひたすら彼の魂が安らかであることを祈っています。Defying Gravityに涙がとまりません。
Commented by yasu at 2014-04-14 01:00 x
gongonさん、最近は、悲しい報せが多くて、、、、。沢山彼の歌声を聴いて、沢山彼の音楽に触れて、沢山、、沢山、、、ね、これからも。
Commented by キーノ at 2014-04-16 01:37 x
4/13Perthのフェスに行ったんですが、その場でElvis Costelloが彼を偲んで2曲彼の曲(”Midnight Bus””Payday”)をやりました。よく聞き取れなかったんですが、ああ逝ってしまったのかなと思ったのですが、残念です。「彼とはぼくのTVショウで共演したんだ」とも話していました。そのTVショウでJesseの歌を聴きながらNeko Caseが涙した姿が忘れられません。合掌。
Commented by yasu at 2014-04-17 01:23 x
キーノさん、遠征されてたんですねw、、、。コステロは、トリビュート・アルバムでは、「quiet about it」をやっていたけど、生で聴くその2曲も良かったでしょうね。最近は、本当に、、、合掌。
<< 4月はマディ・ウォーターズの月... 桜散る夜に、バカラックに酔って... >>