<< 桜散る夜に、バカラックに酔って... みんな、ジャクソン・ブラウンの... >>
ディランの行くところ、何かが起こる。
4月9日(水)

ボブ・ディランという人は、いろんな話題を提供してくれる。
昨晩は、3曲目「ビヨンド・ヒア・ライズ・ナッシン」の途中、機材のトラブルで30分ほど中断した。
ディランも、バンドのメンバーたちもいなくなったステージに向かって、いろんな声が投げかけられた。
例えば、「PAなんかいらんぞ、アコギで歌ってくれ」だとか。
「中止だけはあかんで」だとか。

そして、昨晩も、ギターは手に取らなかった。
2部との間の休憩の間、
クルーの一人が、ステージに用意されていたセットリストを処分し、
新しいセットリストと入れ替えて、ステージに準備してあったギターまで持ち去ってしまった。
あのとき処分されたセットリストって、どういうのだったんだろう。
中断があったせいで、
3時間以上立ちっぱなしだったのでさすがに疲れたが、
帰り道、それがずっと気になった。

写真は、昨晩の公演とは関係ないけど、
先ごろ発売されたディランの30周年記念コンサートのDVDにCD。

e0077638_10332993.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2014-04-09 10:38 | 音楽 | Comments(0)
<< 桜散る夜に、バカラックに酔って... みんな、ジャクソン・ブラウンの... >>