<< 桜舞う春の嵐に、麗蘭が躍る 映画『ネブラスカ』で、ほのぼの... >>
こういうのが聴きたかったんだよ、、、ベンモント・テンチのソロ・アルバムに。
3月29日(土)

なにしろ、トム・ペティとは、11才のときに故郷ゲインズヴィルの楽器屋で出会ってからの仲だ。
その後、ニューオーリンズの大学に通っていた頃には、判事の父親を説得し、
ベンモント・テンチをマッドクラッチに、つまり本格的に音楽の道に引っ張り込んだのも、
トム・ペティだった。
マッドクラッチからトム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズへ。
そこでの活躍はもちろんだが、ボブ・ディランにローリング・ストーンズ、
ドン・ヘンリーにU2にシェリル・クロウ、ライアン・アダムスにアヴェット・プラザーズと、
世代を越えてピアノ、オルガン奏者として名を刻んできた。
近年だと、Works Progress Adminstrationでの活躍も印象深い。
アルバム『WPA』最後の「ザ・プライス」での、
サラ・ワトキンスとのデュエットなんて、本当に素敵だった。

そのベンモント・テンチの、初めてのソロ・アルバムが『You Should Be So Lucky』だ。
ブルーノートからなので、当然ドン・ウォズが、と思いきや、
プロデュースはグリン・ジョンズに任せ、ドンは、もっぱらベースに専念している。
若い頃から、アメリカ然としたものよりは、大西洋を結ぶような音楽に憧れていたベンモント・テンチだ。
それだけに、グリン・ジョンズというのもうなづける人選で、
その上にさすがの顔ぶれが揃った。
トム・ペティが、10代の頃のように、ベースで参加というのも嬉しい。
他には、イーサン・ジョンズ、ブレイク・ミルズ、デイヴ・ローリング、ギリアン・ウェルチ、ライアン・アダムス、
その時代の才気が互いを呼び合ったような人選、、、。
タンバリンのリンゴ・スターも含めて、
みんな、、、、その人らしい参加で、
「こういうのが聴きたかったんだよ」、と、ぼくは思わずつぶやいたくらいだ。
もちろん、味がある、なんて表現だとありきたりすぎて面白くないが、
訥々と癖のある歌い口調もなんとも言えない。

e0077638_12321433.jpg

[PR]
by in-cahoots | 2014-03-29 12:46 | 音楽 | Comments(4)
Commented by noah at 2014-03-29 15:06 x
まさにいぶし銀!の仕事ですね!
ちょうど一昨日渋谷で見つけて
いま聞いてます。
Commented by in-cahoots at 2014-03-30 22:07
noahさん、
聴くたびに良くなってきています、このアルバム、、、。
Commented by gongon at 2014-04-07 22:34 x
天辰さん、こんばんは。
ご無沙汰しています。このところ調子が芳しくなく鬱々としているのですが、今日ようやく届いたこのアルバムに励まされています。ブレイク・ミルズの参加が嬉しいですね。
Commented by yasu at 2014-04-07 23:12 x
gongonさん、こんばんは!! 体調良くないですか、、、心配です。天候も、暖かくなったり、寒くなったりで、、、気をつけてくださいね。良いアルバムですよね。それに、ブレイク・ミルズの参加、ぼくもいちばん嬉しかった、、。才能ある人は、互いに引き寄せあうんでしょうね。ともかく、身体のほう、大事にしてください!!!
<< 桜舞う春の嵐に、麗蘭が躍る 映画『ネブラスカ』で、ほのぼの... >>